キーボー島利用状況(7/末)

Kbキーボー島アドベンチャーの17年目,2020年7月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

昨年度,登録者が20万人を超え,16年間で最多の利用者数となったキーボー島アドベンチャーだが,今年度の登録数は,昨年度の同時期より約3万人ほど多い。新型コロナウィルスによる学校の休業でも在宅で学習できるということが評価されているのかも知れない。

登録学校数 1,017校
登録児童数 181,445人

1年 9,996人
2年 9,348人
3年 37,324人
4年 42,000人
5年 39,053人
6年 39,500人

令和元年度学校基本調査によれば,全国の小学校は19,738校。現在の登録学校数は,その5.2%を占めることになる。
2020年度から全面実施となった小学校の新学習指導要領の総則には,「児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルは「学習の基盤」として各教科等における深い学びを支えていく。
キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算25,396人,学校数は7,951校。すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

メディア教育論ゼミ夏合宿@オンライン(8/1-2)

1_20200802154901メディア教育論ゼミの夏合宿は,例年,白石温泉にて実施されているが,今年度はオンラインで実施。例年は2泊3日だが,最低限のセッションだけに絞り込み1泊2日で実施。今年度もナベ幹事長はじめ幹事団が入念に準備しており,安定的な運営だった。講師の先生方から,大きな視点での御指導をいただき,院生たちがグッと成長する機会になった。みんなおつかれさま。

| | コメント (0)

JEESオンライン理事会(7/31)

特定非営利活動法人 全国初等教育研究会(JEES)の定例理事会。今回はオンライン。山田事務局長の緻密な準備で順調な会議になった。感謝。

| | コメント (0)

総合教育技術オンライン取材(7/31)

小学館「総合教育技術」の取材対象となる。体験学習とオンライン教育の関係についての説明。いい記事になりますように。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/31)

青葉山。NIIと接続チェック後,「4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム」に登壇。9.「初等中等教育における教育データの利活用の可能性と検討状況」について13分紹介。文部科学省から依頼されたことだし,この検討はスタートしたばかりなのでなかなか厳しい状況だったが,最低限のお役目は果たせたかと思う。終了後,安里とランチ。帰宅後は,総合教育技術のオンライン取材。夕方にJEES理事会。

| | コメント (0)

公明党GIGAスクール構想推進委員会(7/30)

参議院会館に公明党の国会議員,秘書の方々,文部科学省の矢野審議官以下関係者の方々がお揃いの中,オンラインで講演。終了後,熱心な質疑応答が続く。こちらも勉強になった。

| | コメント (0)

東北大な1日(7/30)

メール片付け。在宅で公明党国会議員の先生方にネットで講演。青葉山。NIIと接続。メディア情報学講座の合同ゼミ。

| | コメント (0)

仙台市立北六番丁小参観(7/29)

安里が毎週お手伝いさせてもらっている(昨年度までは遠藤もお世話になってきた)仙台市立北六番丁小学校へ。3校時,家庭科でのプログラミング教育の授業を参観。松川校長先生と情報交換。

| | コメント (0)

仙台市立北六番丁小参観(7/29)

安里が毎週お手伝いさせてもらっている(昨年度までは遠藤もお世話になってきた)仙台市立北六番丁小学校へ。3校時,家庭科でのプログラミング教育の授業を参観。松川校長先生と情報交換。

| | コメント (0)

デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議(7/28)

「デジタル教科書の今後の在り方等に関する検討会議」の第2回会議。政府の動きなどの説明,昨年度のデジタル教科書活用実践の報告の後,白井先生@荒川区,青山先生@筑波大附属小による発表。意見はたくさん出たがやや発散的になり,今後はもう少し絞り込まないといけない印象。この会議の議論すべき内容は,この会議の所掌範囲を超える内容でありつつ,かといってデジタル教科書に関する政策を今後どう動かしていくかということに焦点化して進める必要があり,事務局とあらためて相談していきたい。

| | コメント (0)

«文部科学省へ(7/28)