« 教室にIT | トップページ | 休日(10/22-23) »

学習指導情報の提供と教員研修

london20london21london22日本では,文部科学省から出される出版物はおよそオシャレとはいえないデザインだが,諸外国に来ると,これらがとてもきれいに,「読んでみたくなる」ようにデザインされていることを感じる。中に書いてあることは,いわば「情報教育に関する手引」や「ITで築く確かな学力」のような報告書とそう変わらない。ただ,デザインがきれいなので,読んでみようかなという気になるのだ。しかもセットになって箱に入っていて,デジタルコンテンツもその箱の中にCDで入っている。先生方は,教材研究のために学校から借りて帰ったりしていた。もちろん,この箱は,DfES(英国の教育省)から無料で提供されている。「見せ方」への工夫。情報教育でも,そういうところから始められることがあるかも知れない。

|

« 教室にIT | トップページ | 休日(10/22-23) »

「研究」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよね。諸外国のテキストや教材のデザインには,センスを感じるものがいくつもあるように思います。日本のデザイン力は世界でも注目されているはずなのに,教育関連出版社とかでそれに追いついているところは少ないです。個人的には,そういう教育における情報デザインを今後追求できればなぁと思っています。

投稿: りん | 2005年10月22日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教室にIT | トップページ | 休日(10/22-23) »