« 2005年の自己評価(論文・学会発表編) | トップページ | 2005年の自己評価(サービス編) »

2005年の自己評価(著書編)

4)編著
編著にあたるものが3冊出版。うち,「メディつき実践本」はこれからの発売だけど,編集は完了した。ほかの2冊はいずれも売れ行きが順調だ。

堀田龍也編著(2006.2予定):『メディアとのつきあい方学習-実践編』,ジャストシステム
堀田龍也・玉置崇・石原一彦・佐藤正寿(2005.12):『できる教師のデジタル仕事術』,時事通信社
石塚丈晴・堀田龍也編著(2005.6):『誰でも簡単にできる「学校Webサイト活用法」』,高陵社書店
このほか,ネットモラル本の編集が進行している。

5)著書(分担執筆)
そのほか,一部を書いた本が合計6冊となった。
また,初めて学会誌以外の海外の書籍に掲載された。翻訳とはいえうれしかった。

堀田龍也(2005.11):「綜合性学習中媒体的活用」,杜成完・添田晴夫主編『城市中小学校課程開発的実践与課題日中比較研究』,華東師範大学出版社,pp.58-73(上海)

|

« 2005年の自己評価(論文・学会発表編) | トップページ | 2005年の自己評価(サービス編) »

「出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2005年の自己評価(論文・学会発表編) | トップページ | 2005年の自己評価(サービス編) »