« 2005年の自己評価(サービス編) | トップページ | 2005年の自己評価(政策編) »

2005年の自己評価(共同研究編)

8)文部科学省科学研究費補助金
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「情報学的なものの見方・考え方を育てる小学校新教科のカリキュラムと教科書の開発」(課題番号16500584)を受託した。2004-2005年の2年間の2年目。いよいよまとめの段階だ。

9)共同研究等
松下教育研究財団研究活動助成「小学校段階における情報教育の指導内容の系統性の確保と児童用テキストの開発」をいただいた。おかげでこの研究はほぼ一段落。次のステージに移行する。
内田洋行との共同研究「教育情報配信プロジェクト」は,1年目は教師のためのデジタル仕事術について研究した。セミナーも出版も大成功だった。
ジャストシステムとの共同研究「メディア力プロジェクト」は,情報編集力サブプロジェクトと,情報対応力サブプロジェクトに分かれて編成。年が明けたら大きな動きにしていきたい。
Skyとの共同研究「校内ネットワーク活用プロジェクト」は,3年目を迎え一区切りだ。
旺文社デジタルインスティテュートとの共同研究「e-as:ネットワーク型学習評価プロジェクト」は,教室のIT活用の揺り戻しを意識してパソコン室の活用を再考するものだ。古くて新しい仕事にしたいと思っている。
松下電器産業との共同研究「WPP:ワイヤレスプロジェクタプロジェクト」は,1年目の成果はまずまず。軽くて明るくワイヤレスなプロジェクタが常識になってきた。2年目の「WPPP」に向けてこれからステップアップだ。
この他,科研費のプロジェクトでは「eCC:カリキュラムコーディネータを育成するe-Learning」(研究代表者:小柳和喜雄@奈良教育大学),「学齢期前半までのメディア接触における保護者の役割に関するeラーニングサイト構築」(研究代表者:堀田博史@園田学園女子大学),「先端研究施設における研究内容を見学者に合わせて解説及び学習支援するシステムの開発」(研究代表者:石塚丈晴@静岡大学)などにも関わらせていただいた。共同研究先としては,バディ・コミュニケーション,エドウェル,ALSI,広島教販とも連携した。

|

« 2005年の自己評価(サービス編) | トップページ | 2005年の自己評価(政策編) »

「研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2005年の自己評価(サービス編) | トップページ | 2005年の自己評価(政策編) »