« メディアとのつきあい方学習実践研究会(12/17) | トップページ | 「できる教師のデジタル仕事術」の売れ行き »

e-as:ネットワーク型学習評価共同研究プロジェクト(12/18)

教育におけるIT活用の主流は,パソコン室から教室に移行している。しかしパソコン室はすでに全国の小中学校にほぼ100%整備されており,この部屋の活用法についての「揺り戻し」は十分に考えられる。
ALSIとの共同研究では,「e-as」というプロジェクト名で,パソコン室内ネットワークを活用した学習評価についての研究プロジェクトを進めている。CAI以来の研究の蓄積を振り返り,無理のない学習状況の把握とその蓄積による学習評価を中心に進めている。
今回の会議では,清久さん@兵庫の精力的な実践と,表さん@富山の何気ない実践が報告された。まるで対比のような両人の活用法がおもしろかった。今後の支援システムの方向性もある程度はっきりした。

|

« メディアとのつきあい方学習実践研究会(12/17) | トップページ | 「できる教師のデジタル仕事術」の売れ行き »

「研究」カテゴリの記事

コメント

まだまだ、人間的にいたらないことだらけで、落ち着きのない実践になってしまいました。でも、やる気だけは、あります。次もがんばりたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: きよちゃん | 2005年12月19日 (月) 23時35分

YOSHIMAです。二日間?お世話になりました。
いい刺激をもらいました。またお願いします。

投稿: YOSHIMA | 2005年12月19日 (月) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディアとのつきあい方学習実践研究会(12/17) | トップページ | 「できる教師のデジタル仕事術」の売れ行き »