« WPPP富山班公開研究会(4/27) | トップページ | Just System & School誌にメディつき連載中 »

WPPP実践校視察(4/28)

島岡BU長@松下電器産業プロジェクタ開発,下田事務局長@松下教育研究財団ほか,ぼくも含めて合計9名で2校の実践校視察。
Wppp_toyama1Wppp_toyama2最初に小矢部市立石動小学校を訪ねる。宮崎君が精力的に実践を進め,周りの先生方に少しずつ広まってきたという学校だ。学校長もたいへん理解がある方だし,教頭先生はぼくが富山大学勤務時代にお世話になった方。教務主任は,ぼくの恩師の堀口先生のところに内地留学していた方。不思議な縁がある学校だ。富山大学勤務時代に,岩尾滝小学校によく通っていたので,石動小の前は何度も通っていたけど,今回が初めての訪問となった。
Dsc07739Wppp_toyama3実践は,書写の筆づかい,算数のNHKクリップ,goole mapでの地図の提示,社会科の地図の学習での実物投影機などさまざまだった。どれも,普段から使っているからこその発想であり,使いこなしにも日情感が感じられた。特に広岡先生の書写は,IT活用以前の書写の指導力を感じるものだった。教師の力量がさらに増幅される。それがIT活用だなとあらためて実感。
Wppp_toyama4Wppp_toyama5その後,富山県ITセンターを視察し,お昼を食べて,富山大学人間発達科学部附属小学校。3人の先生の実践を拝見。阿久津先生は,おそらく社会科教師だろう。その導入は,総合的な学習の時間との連携を思わせる,力量を感じるものだった。澤柿先生は魚津水族館のライブカメラを見せて,子どもたちのモチベーションを高めていた。大島先生はワイヤレスプロジェクタをWPPPでも最もよく活用している教師。機能を熟知した上での活用だった。よく知ったPC教室のリニューアルを視察。当校は,公開研前でキリキリ舞とうかがっていたので,短い時間で失礼することにした。そんな中で視察を受け入れてくれたことに感謝。
高橋研によって学生たちと少し話をしたあとに,富山空港。いい学生たちが育っていた。

|

« WPPP富山班公開研究会(4/27) | トップページ | Just System & School誌にメディつき連載中 »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WPPP富山班公開研究会(4/27) | トップページ | Just System & School誌にメディつき連載中 »