« 学校長の公募(5/17) | トップページ | 学校へのICT導入について考えたこと(5/18) »

Varndean Schoolを訪ねる(5/18)

今日は中等学校(英国では中学校(junior)と高校(senior)はつながっていて「high school」と呼ぶ)に午前中1校,午後1校の訪問。楽しみにしていた学校視察だ。
Dsc07960Dsc07963朝からタクシーで出かけ,Prof. Avril Loveless と合流。彼女はブライトン大学で,ICT活用について(特にその創造性開発に対する効果について)研究している研究者だ。今回の視察では,コーディネート+運転をしてくれる。ほんとうにありがたく,これは野中さんが常々大切に接しているからだとあらためて感謝。
Dsc07991Dsc08013午前中は,ブライトン郊外のVarndean School。日本の研究開発学校にあたる「Specialist School」というものに指定されている学校だ。子どもたちも落ち着いている安心感のある学校だった。
教員研修担当のMs.Helenが対応してくれた。教員研修といっても,現職教育だけでなく,教育実習や初任者研修も担当しているそうだ。子どもたちの説明で学校案内のあと,ディスカッション,その後,理科の授業を参観した。「力と速さ」の単元だった。実物を前に考えること,ICTを使って説明しまとめること,動画クリップも使っていた。授業のマネージメント力の高い教師によるICT活用は,日本のそれと同じように安心感があった。
午後はPatcham High Schoolを訪問した。ここも同じくSpecialist Schoolだけど,Varndean Schoolに比べて落ち着きもない感じ。案内してくれた方の英語がぼくにはしんどくて,ほとんど理解できずに残念。英語力,もともとないのに,かなり落ちてるなと少し落ち込んだ。あとで木原さんや野中さんにフォローしてもらった。感謝。

|

« 学校長の公募(5/17) | トップページ | 学校へのICT導入について考えたこと(5/18) »

海外出張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学校長の公募(5/17) | トップページ | 学校へのICT導入について考えたこと(5/18) »