« 千葉県総合教育センターのみなさんと(7/4) | トップページ | 日本教育工学会研究会で発表(7/8) »

長野市立芹田小学校校内研(7/6)

年度末のある日,JAPETの森田事務局長がNIMEに連れてきたのがこの学校の研究推進の先生方だった。その時点でぼくのスケジュールは,すでに全滅だったので,ほんの数回しか引き受けられなかったし,その後,特に研究の進捗の連絡があったわけではないので,いわば「ぶっつけ本番」で出かけた。
東京から新幹線で80分。長野市立芹田小学校は長野駅からタクシーで10分だった。文部科学省の学力研究の指定校。算数と国語に絞って研究を進めている。ぼくが呼ばれたのでIT活用が中心だと思ったが,そういうわけでもなかった。
Seri1Seri2先生方は,細かく教材を研究し,それを実践に落とし込み,その落とし込み方について代案も含めて議論していた。メインの授業者の近藤先生は,今年度着任とのことだが,すでにいい実践を始めていた。ぼくは協議会で,授業展開におけるIT活用の基本的な視座についての情報提供をした。どこまで伝わったかはわからないし,本校の研究の全体像から見て,ぼくの役目はほんの少しだと思えた。今後,研究主任の谷垣内先生と打ち合わせを重ねていく必要あり。

|

« 千葉県総合教育センターのみなさんと(7/4) | トップページ | 日本教育工学会研究会で発表(7/8) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県総合教育センターのみなさんと(7/4) | トップページ | 日本教育工学会研究会で発表(7/8) »