« e-asミーティング(9/10) | トップページ | 竹中先生に学ぶ(9/12) »

大相撲観戦(9/10)

Dsc09304Dsc09316ぼくの芸能に関する師匠である箕輪さんが手配してくれて,大相撲9月場所の初日に出かけた。桑山さんが同行してくれた。チケットのもぎり役にいきなり元・高見山が座っていて驚いた。両国国技館の中に入ったのは初めて。独特の雰囲気があった。なかなかきれいだった。
到着時は十両の後半で,うまいこと幕内や横綱の土俵入りを見ることができた。箕輪さんが買ってきてくれた噂の国技館焼き鳥は確かにうまかった。外国人力士が多いことをあらためて認識した。人気のある力士・取り組みにはスポンサーがたくさんつくなど,わかりやすい仕組みが日本の国技に導入されていた事実もまた再認識した。
Dsc09310Dsc09343テレビのフレームを通して見てきた大相撲とは,明らかに情報量が違った。臨場感だけでなく,全体が把握できる形で見ることができるのは実体験のよさだ。一方,微妙な取り組みについては,VTRのリプレイが欲しくなることもあった。すっかりメディアに浸って認識を作っている自分を振り返った。どこにカメラがあるんだろう,どこにマイクがあるんだろうと,演出を気にしながら相撲を見た。これもメディつき体験だ。
Dsc09328Dsc09353運良く(?),今日は皇太子一家が大相撲を観戦。17時頃に会場入りだった。箕輪さんが手配してくれていたぼくらの席は,割と近い位置。家族仲良く観戦してされている様子。愛子さまが相撲好きな様子もよくわかった。北の湖理事長が後ろに控えて解説をしていた。SPがすぐそばの座席をすべて囲み,少し離れたところにもポイントポイントに配置されていた。この件,テレビでも新聞でも報道された。
終了後,3人でちゃんこ鍋。こちらもおいしかった。

|

« e-asミーティング(9/10) | トップページ | 竹中先生に学ぶ(9/12) »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« e-asミーティング(9/10) | トップページ | 竹中先生に学ぶ(9/12) »