« 教員のICT活用指導力の基準の具体化・明確化に関する検討会(11/7) | トップページ | 松戸市立馬橋小学校公開研(11/9) »

校務情報化の現状と今後の在り方に関する調査研究(11/8)

校務情報化の現状と今後の在り方に関する調査研究が立ち上がった。座長は赤堀先生,作業部会長にはシステム側が藤村先生@鳴門教育大,課題整理側が赤倉先生@東京理科大。これまでも校務の情報化に関する取り組みがCECを始めとして行われてきたが,今回はあくまで学校経営の効率化・高度化のための校務の情報化の在り方について審議されるということがミソ。教員1人1台PCの時代における校務の情報化の方向感が提出される見込みだ。

|

« 教員のICT活用指導力の基準の具体化・明確化に関する検討会(11/7) | トップページ | 松戸市立馬橋小学校公開研(11/9) »

「政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教員のICT活用指導力の基準の具体化・明確化に関する検討会(11/7) | トップページ | 松戸市立馬橋小学校公開研(11/9) »