« 学校図書館と情報教育の本の出版会議(12/12) | トップページ | 電子情報通信学会ET研究会(12/15) »

富山市立寒江小学校(12/14)

Samue3富山市立寒江小学校。笹原さんが勤務する学校だ。富山市の郊外にある単級の小学校。昨年度のマイタウンマップコンクールで内閣総理大臣賞を受賞した学校としても有名だ。年度末のこの日しか空いていないというぼくのスケジュールにあわせ,成績提出や保護者会が行われる中で全教員にICTを活用した授業を実施させてしまう小西校長のリーダーシップと,それを仕掛けた笹原さんの信望は大したもんだと思った。
11時に高橋君と一緒に寒江小到着。校長・教頭・教務から段取りの連絡。4校時は1・2・3・特別支援の4つの授業を,5校時は4・5・6年の授業を参観。どれも無理なくICTを活用しようとしたものだったし,特にベテランの力量がよくにじみ出る授業だった。
Samue1Samue2笹原さんの授業は,社会科でのワークショップ型授業。学び方の習得という観点で教科授業を構成することに挑戦していた。ぼくはその細かい進め方についての助言を2つした。詳しくは本人のブログをどうぞ。
終了後,寒江小の先生方と懇親会。何だか変な盛り上がりだったけど楽しかった。笹原さんに追加説教(?)をしてホテルに帰還。笹原さんごちそうさま。

|

« 学校図書館と情報教育の本の出版会議(12/12) | トップページ | 電子情報通信学会ET研究会(12/15) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

14日はお世話になりました。

ICT活用に対する意識の垣根は、かなり取り払われていましたが、それを一歩進めて、実践が日常化するきっかけとなる1日でした。
研修会の翌日には、「もっと早くから、使っておけばよかった」という声が聞こえてきました。

職場のみんなが元気になれるたくさんの心遣いをいただいたことを、感謝します。

投稿: Sasa | 2006年12月17日 (日) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学校図書館と情報教育の本の出版会議(12/12) | トップページ | 電子情報通信学会ET研究会(12/15) »