« メディつき実践研の活動 | トップページ | 神奈川県厚木愛甲地区小学校教育研究会視聴覚部会・図書館部会合同研修会(12/25) »

教員1人1台時代のICT活用フォーラム(2/3)

「教員1人1台時代のICT活用フォーラム」が2月3日(土)千代田区で行われる。定員は110名だったが,申込みが殺到し,すでに定員を超えたので,SKyのみなさんが会場と交渉をして広い会場を確保した。その結果,まだ人数に余裕ができるという状況になった。
12月23日(土)に大阪のSky本社で関係スタッフを含めてセミナーの打合せをした。なかなかいい実践が上がってきていて,主査のぼくも当日が楽しみになってきた。
セミナーの概要は以下の通り。詳細および申込はこちらへ。

        教員1人1台時代のICT活用フォーラム
        ~安全・安心な校務環境をめざして~
        http://www.skymenu.net/seminar/

■:教員1人1台PCの時代、校務はどう変わるのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「IT新改革戦略」で示された、教員1人1台PC。いよいよ校務の情
報化に国が本腰を入れ始めました。
 公的にPCが配布されるということは、利活用が義務づけられるという
ことであり、用途は限定されるということでもあります。
 校務の情報化を、そして安全・安心な職務環境を、私たちはどのように
描いていけばよいのでしょうか。
 今回のセミナーでは、動き出した教員1人1台PCの時代を見据え、新
しい教員の職務のイメージを追求します。
         「教員1人1台時代のIT活用プロジェクト」 
          主査 堀田龍也(メディア教育開発センター助教授)


【日時】2007年2月3日(土)13:00~17:30(受付12:30)

【会場】ベルサール九段(3FイベントホールA)
    (東京都千代田区九段北1-8-10)

【主催】社団法人日本教育工学振興会

【後援予定】文部科学省、総務省、経済産業省ほか

【参加対象】教育委員会の職員、学校の教職員

【参加費】無料

【主な内容】
▼基調講演「学校教育の情報化の現状と展望(仮題)」(文部科学省)

▼実践報告「教員1人に1台のコンピュータで何が変わるか」
  堀田龍也(メディア教育開発センター助教授)<司会>
  戸来忠雄(青森県八戸市立市川中学校教頭)
  中川斉史(徳島県三好市立池田小学校教諭)
  池田宗一(鳥取県立米子西高等学校教諭)

▼情報交換会

▼パネルディスカッション
 「教員1人に1台のコンピュータを前提とした校務環境のために」
  堀田龍也(メディア教育開発センター助教授)<コーディネータ>
  高橋純(富山大学人間発達科学部助教授)
  日下孝(仙台市教育センター主任指導主事)
  梶本佳照(兵庫県三木市立教育センター副所長兼指導主事)
  竹内 勉(Sky株式会社e-ソリューション事業部商品研究部部長代理)


|

« メディつき実践研の活動 | トップページ | 神奈川県厚木愛甲地区小学校教育研究会視聴覚部会・図書館部会合同研修会(12/25) »

「セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディつき実践研の活動 | トップページ | 神奈川県厚木愛甲地区小学校教育研究会視聴覚部会・図書館部会合同研修会(12/25) »