« 今年のマイタウンマップ・マイスターが決定 | トップページ | 社会人大学院生の修論指導(12/8) »

世田谷区IT授業マイスター授業研究(12/7)

Roka1Roka2世田谷区のIT授業マイスター制度による授業研究の2回目。今回の授業者は,後田先生@世田谷区立芦花中だった。区内のマイスターの他,情報主任研修が同時開催で行われたため,たくさんの人が集った。
芦花中では,視聴覚室を,いわばIT活用授業室のようにしていた。教科担任制で教室移動が前提の中学校での現実的な日常活用の例だろう。後田先生は社会科教師だが,そのIT活用はなるほどと思えるものばかりで感心した。
授業後の協議会は,グループごとの話し合いのあと,発表が行われていた。指導主事が進行をしていたけど,情報主任側からはITを活用しない理由というか言い訳のような話がたくさん出てきて悲しかった。一方,マイスターの人たちは,できるところからこうやってみたというような話題が多く出された。これは能力の違いではない。姿勢の問題だ。
校内でのIT活用の普及には,現状では障壁がまだたくさんある。台数が少ないから,反対する人がいるからできないと口をとがらせるのではなく,やれる人から,やれる範囲から,まずはやってみるというような姿勢に情報主任が変わってもらいたいものだ。

|

« 今年のマイタウンマップ・マイスターが決定 | トップページ | 社会人大学院生の修論指導(12/8) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のマイタウンマップ・マイスターが決定 | トップページ | 社会人大学院生の修論指導(12/8) »