« 新聞記事3点(2/9) | トップページ | 電車に乗り間違えない。 »

雪プロジェクト公開研at北教大附属札幌小(2/9)

Sapp4Sapp5雪プロジェクトによる「第5回雪の学習研究会」が,北海道教育大学附属札幌小学校で行われた。ぼくは第2回から手伝っているので,これで4回目の冬の北海道になる。附属小の子どもたちはとても鍛えられていたし,附属小の播磨先生が提供した理科の発展学習風総合的な学習の授業は,教師の高い力量を感じさせるものだった。
午後は割石君のフラッシュ型教材を使った授業や,佐藤さんの雪合戦の授業などの公開授業が附属小の児童を対象に行われた。ある意味,模擬授業より難しく,かつリアリティがあった。
最後のぼくの講演は,小学生に「情報」をきっちり教えようという話。附属小の子どもたちの学び方の学習,先生方のICT活用の様子から組み立てた。情報テキストを会場で学研の営業の方々が販売していたが,完売となった。

|

« 新聞記事3点(2/9) | トップページ | 電車に乗り間違えない。 »

「実践」カテゴリの記事

コメント

堀田先生
4年連続、そして、夏も含めると6回目の来道、
本当にありがとうございました。
何とか新しい展開をつくっていけるよう、
これからも努力していきたいと思います。
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 土門 | 2007年2月12日 (月) 09時56分

堀田先生、本当にありがとうございました。
ウルトラ多忙な先生に年2回も来ていただける私たちは幸せ者です。

ICTと雪のコンテンツ
この合体が産む世界はますますおもしろくなると確信。
今後ともご支援よろしくお願いします。

今、網走にいます。
すごい人があちこちにいるものです
いつか雪プロ研究会も網走開催したいものです。


投稿: moto | 2007年2月11日 (日) 23時30分

割石です。4年連続の来道ありがとうございました。「発想の横転換」勉強になりました。今後も宜しくお願いいたします。

投稿: 割石 | 2007年2月11日 (日) 15時36分

堀田先生

「雪のもつ多様な教材性」と「授業」を教師がどのように
つなげていくべきか、たくさんのことを
教えていただき本当にありがとうございました。

また、情報を「きっちりと」という部分では
「教えるべきことは教える」ということが
とても大切だと感じました。
テキストは本校でも先生方に紹介
しているところです。

本当にありがとうございました。

投稿: 神林 | 2007年2月11日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新聞記事3点(2/9) | トップページ | 電車に乗り間違えない。 »