« 再掲>三宅村立小学校IT教育支援(05/06/12) | トップページ | 三宅島訪問1日目(3/14) »

再掲>三宅村立小学校教育IT化プロジェクト第2弾(05/07/19)

前回に引き続き,第2回の渡島。今回は,校内NW敷設に詳しい高橋@富山大学教育学部と,その学生の川渕・中田たちが職員室LANをとりまとめた。校内に無線LANのアクセスポイントを設置する作業は村松君@三重大が,高橋研OBの太田と一緒に設定した。2年生以上のすべての教室に1台ずつ置くPCの設定は石塚さんが担当し,坂本がインストール作業をした。吉野さん@元吉原小は2日目に6年生相手にインターネットに関する授業をした。中尾さん@目黒区情報教育指導員はこの授業でTTをした。普段は違う自治体で活躍する吉野+中尾のTTというのはなかなかおもしろかった。竹林さん@ウチダエスコと大塚さん@キャビンはインターネット百葉箱の設置に腐心し,山田がこれをサポートした。森下はルーターの設定,村上はNASの設定。西岡は学校Webサイトのオープンを手がけた。記録映像は宮崎が,文章は三好が採った。藤井・小宮山は,会計や片付けなど,見えない仕事をずっとフォローした。みんな実によく働いた。
総勢20名。静大堀田研最後のビッグプロジェクト。50万円以上のカンパに支えられた今回の仕事は,ミスや不具合がまったくなかったわけではなく100点とはいえないけども,ほぼ滞りなく目的を達成した。うまくいかなかった部分は,ぼくの活動設計の甘さと人員のアサインミス,そしてマネージメント不足に起因するものだ。
齋藤校長,大塚・渡邉・宮島副校長,岡教諭など現地の先生方には,お迎えや民宿の手配,お弁当・お茶の準備などなど,たくさんお世話になった。民宿での懇親会では,楽しく過ごすことができた。ガサガサ動く学生たちを暖かい目で見てくれた。みんな教育者の目だった。ありがとうございました。
渡島した私たちの後ろでたくさんの人たちの応援を受けたことをここに感謝したい。カンパをいただいた総勢85名の人たちの個々の名前はここには記さないが,激励文を学生たちがファイルに綴じ回覧した。応援の気持ちが伝わって,ほんとうにありがたいと思った。また,企業の方々にも多大なご奉仕をいただいた。内田洋行には「インターネット百葉箱」とその屋上設置に関わる人員の出張をしてもらった。学校Webサイトは,エドウェルの「スクールWebアシスト」に頼った。子ども用PCについては,ジャストシステムから「ジャストスマイル3」,文溪堂から「チャレンジ漢プリっこ・計プリっこ」など,ALSI/旺文社デジタルインスティテュートからセキュリティーソフト・モラル教材を寄付してもらった。おかげで三宅村立小学校の2年生以上の教室には1台ずつの子ども用コンピュータが設置され,これから子どもたちが安全に学習で利用できるようになった。
作業記録や映像を,カンパしてくれた方々にお礼として送ることにした。ほんの少しでも,私たちの成果やノウハウが共有できるといいなという願いと,島の子どもたちや先生たちの喜ぶ姿を見てほしいという気持ちからだ。1ヶ月後あたり,きっと突然届く。待っていてほしい。
メーリングリストで共有したメールおよそ1,000通,撮影された記録写真は数百枚。大きなプロジェクトが幕を閉じた。参加したメンバーの誇らしげな表情が印象的だ。
三宅村立小学校のWebサイト(http://schoolweb.ne.jp/miyake/miyake-e)には,すでにぼくらの訪問に関する記事が掲載されていた。大塚副校長,ありがとう!

|

« 再掲>三宅村立小学校IT教育支援(05/06/12) | トップページ | 三宅島訪問1日目(3/14) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再掲>三宅村立小学校IT教育支援(05/06/12) | トップページ | 三宅島訪問1日目(3/14) »