« 再掲>三宅村立小学校教育IT化プロジェクト第2弾(05/07/19) | トップページ | 三宅島訪問2日目(3/15) »

三宅島訪問1日目(3/14)

Miyake1Miyake2三宅村立小学校教育IT化プロジェクト完了から1年半。あの頃は学校そのものが開校直後であったことばかりでなく,島そのものが復興の始まりだった。今もまだ火山ガスのにおいの立ちこめる三宅島に,高橋と2人で再訪問した。前回のように夜行船での往復ではなく,今回は羽田から大島までANAで30分,その後,ヘリコプターで20分。乗り換え時間を合わせても2時間足らずで,ヘリポートにお迎えに来てくれた大塚副校長に会うことができた。高所恐怖症のぼくには,ヘリコプターは絶句体験だった・・・
Miyake4Miyake5来島したぼくらを,大塚副校長が島内案内してくれた。1年半前に比べると,畑など緑が増えた。倒壊した家などがあるのは高濃度地区の居住禁止の場所だけで,他は見事に復興しつつあった。それでも噴火前の島民の3分の2しか帰島できていないと聞いて複雑な心境になる。子どもたちに限れば当初の3分の1しか学校に戻れていない。さまざまな環境を考えれば,戻りたくても戻れない現実がある。
Miyake3Miyake6途中,噴火した雄山に途中まで登ってみる。ツンドラのようになった木々が印象的だった。まだ噴煙が出ていた。喘息持ちのぼくにはちょっと苦しかった。島の商店に行ってみる。1年半前から比べると格段に品揃えがよくなった。
夜は,渡邊副校長と大塚副校長が宿に来てくれて,高橋と4人で一緒に夕飯を食べた。優れた2人の管理職とお酒を飲みながら,楽しい話ができた。明日は朝から教育長訪問,三宅村立小学校の校内研究に立ち合う。

|

« 再掲>三宅村立小学校教育IT化プロジェクト第2弾(05/07/19) | トップページ | 三宅島訪問2日目(3/15) »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再掲>三宅村立小学校教育IT化プロジェクト第2弾(05/07/19) | トップページ | 三宅島訪問2日目(3/15) »