« JSETショートレター編集委員会(4/21) | トップページ | NIMEな1日(4/24) »

中山さん内地留学着任(4/23)

富山県高岡市立東五位小学校から,中山均教諭が,NIME研究員の立場で内地留学生として着任した。
高岡市の派遣での3ヶ月の派遣である。その間,中山さんが抜けた学級には講師が配置される。富山県では市町村が同様の制度を持っており,多くの中堅教員がこうやって外部を見る経験をしている。よい仕組みだと思う。
中山さんは,3ヶ月の派遣先として,地元大学ではなくあえてNIMEを選んだ。自宅から通えば経費はかからないのに,わざわざ3ヶ月もの1人暮らしを選択して東京に来た。ぼくのところの内地留学は,ぼくのスケジュールにほとんど同行してもらう。これらの旅費も自腹だ。だから相当の決意と家族の理解による内地留学だ。これまで同じ制度を使い,氷見市から表さんが,小矢部市から宮崎君が,当時ぼくが勤めていた静岡大学情報学部に内地留学に来た。中山さんが同じような形での3人目ということになる。
3ヶ月の間に,NIME勤務中はぼくのところの来客からも学ぶことになるし,学校現場や講演にはほぼすべて同行となる。さらに,約10ほどの教育情報化関係企業に1-2時間のミニ企業研修をお願いしたので,自分一人で出かけて見聞を広める。内地留学の研究テーマはもちろんあるわけで,中山さんの場合は情報モラル教育について研究を深める。また,たくさんの応援団がMLで応援してくれている。
3ヶ月はあっという間に過ぎる。1日1日を大切に過ごしてほしい。

|

« JSETショートレター編集委員会(4/21) | トップページ | NIMEな1日(4/24) »

「講義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JSETショートレター編集委員会(4/21) | トップページ | NIMEな1日(4/24) »