« 松戸市立馬橋小校内研(5/9) | トップページ | 永野科研(5/13) »

松下教育研究財団助成式(5/11)

松下教育研究財団による実践研究助成の助成金贈呈式が行われた。たくさんの助成団体の参加があった。
本助成式も,年々パワーアップしている。特に今年度は,「くるま座セッション」と題し,7-8名のグループで研究テーマを共有し,それぞれの課題や見通しについてディスカッションし,講師(=審査委員)の指導助言を仰ぎ,最後に木原さんのまとめを聞いた。助成校の出席者の頭の中の霧が晴れていく様子がよくわかった。
ぼくは教員時代に3年連続で同助成金をいただいた。勤務校の窓口として申請書を書き,報告書をどうまとめるか毎年悩んだ。そして,そのプロセスが,教員として,学校としての研究の重点や明確さにつながっていくことを実感した。それだけに,今回の企画がとてもよい企画だと再確認した。講演した木原さん,助成式を取り回した財団の皆様,お疲れ様でした。

|

« 松戸市立馬橋小校内研(5/9) | トップページ | 永野科研(5/13) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松戸市立馬橋小校内研(5/9) | トップページ | 永野科研(5/13) »