« 目黒区立原町小学校校内研(5/2) | トップページ | 教師力アップセミナー »

朝日新聞の記事に思う(5/5)

朝日新聞に「後ろに座る学生、教員に厳しく自分に甘く 産能大調べ」という記事。自分に甘いかどうかの考察は別として,これって,大学で教えていて体感することと同じ。経験的に体感されていることが,このような形でデータで検証されることには意味がある。
さらに,教員向けのセミナーなどで体感することも同じだなと思う。特に全校から情報主任が集められたというような強制力が働いた研修会が如実にそうだ。
学生も教員も変わりがないとすれば,それは大人が学ぶということに共通する意識や行動なのかも知れない。ただ,教員の学びがそれでよいとは思いたくないという気持ちがぼくにはある。

|

« 目黒区立原町小学校校内研(5/2) | トップページ | 教師力アップセミナー »

雑感」カテゴリの記事

コメント

『試験では、前方の平均点が51.2点だったのに対し、後方は30.9点と、20点以上開いた。』
誰もが感じたり予想したりしている事を検証し数値で示したと言うことでしょうね。納得できるだけでなく、点差は想像以上でした。

『一方、授業評価では、「配布資料の役立ち具合」「教員の熱意」「理解度」など全項目で前方より後方の方が厳しい評価をした。』
これも同じく納得。

しかし、
『後方グループには、教員に厳しく、自分に甘い姿勢がうかがえる。』
この「自分に甘い」と言うとことの根拠があいまいに思う。
意見としては理解できるし、たぶん自分に甘いだろうなと予想もするけれど、「自分は努力せず、成績も悪いのに、他人を批判するなよ。」と言うことと「自分に甘いんだよ。」と言うことはイコールかなー?

投稿: 永田文明 | 2007年5月 5日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区立原町小学校校内研(5/2) | トップページ | 教師力アップセミナー »