« 長崎県総合教育センター講義(8/17) | トップページ | 第2回情報テキストセミナー(8/19) »

第12回VHS(8/17)

第12回VHSは,内田洋行潮見。CBC(カスタマーブリーフィングセンター)の見学から立食懇親会までアレンジしていただいた内田洋行の皆様に感謝したい。大久保常務はじめたくさんの社員のみなさんに参加していただいた。
また今回は,英国からブリティッシュカウンシルのセミナーで来日しているハイディさんや,ハイディさんが動かしている「Japan-UK Live!」でいい実践をしている宇田さん@和歌山大附属小,野中先生,津守さんに同席していただいた。
12:45頃からCBC見学。少し未来の学校をイメージし,みんなの目が輝いていた。
VhsVHSは14:00開始。今回も75名ほど。白石さん@目黒区教委に,情報教育指導員の仕事の様子を教えてもらう。こういう制度を持っている目黒区は先進的だとみんなで共感。三好@チエルが,「e-teachers」について説明。今回の模擬授業は,割石君と表さん。フラッシュ型教材のことについて,うまく伝わったと思う。
ハイディさんと宇田さんに,日英交流学習の実践を報告してもらう。現場のニーズをよくよくわかったよいシステムと支援組織,子どもを乗せ,よい体験をプロデュースする実践者の組み合わせは,聴衆の心に火を付けたように思った。
特集テーマは,内地留学。中山さんがお礼を兼ねて内地留学報告。宮崎君が現職大学院生として,笠原さんが教育センター派遣という目線で話をした。仕事をした人が学び直すことの重要性をみんなで認識し合う時間になった。
最後は恒例の高橋の話題提供。キーワードは「貧乏くじ」。その後の懇親会でも,貧乏くじ同士(?),みんなが結束した。

|

« 長崎県総合教育センター講義(8/17) | トップページ | 第2回情報テキストセミナー(8/19) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎県総合教育センター講義(8/17) | トップページ | 第2回情報テキストセミナー(8/19) »