« ICT活用指導力に対するステレオタイプな誤解 | トップページ | 第12回VHS(8/17) »

長崎県総合教育センター講義(8/17)

長崎県総合教育センターで講義をした。空港に関係者が迎えに来てくれた。所長先生は,情報モラル教育の重要性をしっかりと認識されており,そのクレバーな感じに感激した。
講演は約100名を相手に行った。午前中からこの研修を受けている人は30名,残りは午後のぼくの講義だけを聴きに自由参加した人とのこと。佐世保事件のあった長崎での情報モラル教育の講義。いろんな意味で難しい仕事だった。しかし,受講者は誰一人寝ることなく熱心に耳を傾けてくれた。ICTの光を十分に説明し,影だけを教えることのないようにと話し,その上で,光も影も含めてメディアとどうつきあっていくかを教えたいと講義した。
Corner幸い,受講生のアンケート評価はとても高かったとのこと。ほっとした。また,カリキュラムセンターには,ぼくの書籍などが並んでいるコーナーが作られていてびっくりした。心から感謝した。
終了後,長崎市内に入り,ぼくが若い頃からお世話になった諸先生方(現在は校長・教頭・教育委員会次長・指導主事等)と一緒においしく長崎料理をいただいた。宮崎から講義を聴きにわざわざやってきたナベちゃんも一緒に,いい時間を過ごせた。

|

« ICT活用指導力に対するステレオタイプな誤解 | トップページ | 第12回VHS(8/17) »

「セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ICT活用指導力に対するステレオタイプな誤解 | トップページ | 第12回VHS(8/17) »