« JSET研究会に論文提出(9/20) | トップページ | 日本教育工学会2日目(9/23) »

日本教育工学会1日目(9/22)

日本教育工学会の今年度の大会は早稲田大学。といっても,人間科学部のある所沢キャンパスだ。所沢キャンパスには,スポーツ科学部もある。ハンカチ王子とか,卓球の愛ちゃんとかがいるキャンパスだ。見てないけど。
学会は3日間。ぼくは富山大学時代の1999年に会場担当を仕切ったことがあるけど,のべ1,000名以上が入る学会の運営は極めてたいへんだ。だから,会場校の気苦労はよくわかる。早稲田大学のみなさんはとても紳士的で,学生アルバイトも含めきびきび動いていてたいへん印象がよかった。受付も新システムになり,とても順調に動いていたように感じた。大会運営としては大成功だと思った。
大会の中身は大会企画委員会の所掌だ。今年度の大会企画委員会委員長は木原さん。会場校との連携も含め,これまた見事な運営だった。
研究発表をすべて聞くわけにはいかなかったが,全体として実践の発表が多くなっているように思った。実践と言っても,必ずしも学校現場に限ったことではない。そのことがすばらしいと思った。ぼくは学校教育しかわからないけど,さまざまな文脈に学習や教育の実践はあるはずであり,それらが実践研究としてダイナミックに検討されていることをおもしろく感じた。
ぼくはといえば,研究会委員会の会計の引き継ぎとか,運営下打ち合わせとか,お昼には公式の研究会委員会を実施したり,新プロジェクトの打ち合わせをしたりなど,何かとばたばたしてしまった。夜は夜で某重要会議があり,さらに電車が人身事故で止まっていたりして,夜中まで散々だった。
2日目は理事会があったり,連名発表がいくつかあったりするけど,懇親会前のシンポジウム2に登板するのが最大の仕事。しかも今回はいつもと違う役回りなので,うまくできるかどうかかなり不安。

|

« JSET研究会に論文提出(9/20) | トップページ | 日本教育工学会2日目(9/23) »

「研究」カテゴリの記事

コメント

ハンカチ王子は教育学部では?

投稿: 774 | 2007年9月23日 (日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JSET研究会に論文提出(9/20) | トップページ | 日本教育工学会2日目(9/23) »