« 目黒区立原町小校内研(9/5) | トップページ | NIME先導的プロジェクト収録開始(9/6) »

機器の進化が変える意識

ぼくが電子メールを始めたのが1986年。もう20年以上が経過した。その頃は,モデムやカプラが不可欠で,ボーレートみたいな言葉がわからないと利用は難しく,ISHとかLHarcなどの技術の理解も必要だった。20年経った今,PCやケータイから電子メールをやりとりするのは,誰にでもできる日常的なことになった。
技術は進化する。それはつまり,「誰にでもできる」ようになるということだ。「誰にでもできる」というのは,「誰でも簡単に使える=難しいことはわからなくてよい」ということがまずあり,その後に「生活に根付く=使った方が便利だから当たり前に使う」ということにつながっているのだと思う。
振り返って,授業でのICT活用を考える。
「誰でも簡単に使える=難しいことはわからなくてよい」ようになっているか。今もまだ,ICTの操作は難しいと教員に思われていないか(操作が難しくないものを使えばいいだけの話なのに)。普通の教員には必要のない技術的な話ばかりを指導主事や情報主任がしていないか(言えば言うほど周囲はドン引きなのに)。今の時代,誰もインターネットがつながる仕組みをイチイチ知らなくても使っているのに,わざわざTCP/IPとかを普通の人に教えようとしているのと同じだ。
Jiところが最近,「生活に根付く=使った方が便利だから当たり前に使う」を垣間見ることが時々ある。それは実物投影機の進化によるものだ。かなり小さいものが大きく鮮明に映る。子どもたちの書いたノートも,新聞の小さな字も,大きく映して子どもたちに提示することができる。【実物】投影機だから,教室にある具体的な【実物】を使って教えるという,普段の授業を変える必要がない。多くのベテラン教員が,しかもこれまではICT活用を毛嫌いすらしていた女性教員であっても,「これなら使える」と自腹で購入するのを何度も見かける。これはすごいことだ。少し前の実物投影機では,ピンぼけ感があった。それが解消された途端のことだ。
ぼくが共同研究をしているエルモ社が,この状況を理解してくれ,教員が自腹で購入できるよう,5万円を切る値段で特別に提供してくれる段取りをつけてくれた。ただし今回は,学校として公的に購入する場合は取り扱っていない。あくまで自腹の場合のみ。興味がある方は,氏名・所属をメールで堀田までご連絡を。遠慮する必要はありません。

※誤解の無いように言っておくが,「今の時代,誰もインターネットがつながる仕組みをイチイチ知らなくても使っている」からこそ,学校教育のどこかの段階で,わざわざTCP/IPとかを教える必要があるとぼくは思っている。それは,活用する時に必要なのではなく,「便利な情報社会は仕組みに支えられている」ということをしっかりと身に付けて欲しいと思うからだ。

※さらに誤解の無いように言っておくが,授業で必要なものは公的予算で備えるべきだとぼくは思う。しかし,それを待っていたらいつになるかわからないという自治体の現状において,まずは自腹でも購入し,子どもたちにわかる授業を提供したいという気持ちを持っている教員が多くいるのも事実だ。ぼくは,こういう教員の気持ちを,「授業で必要なものは公的予算で備えるべきだ」というようなあるべきだ論で片付けたくないと思う。たくさんの教員がまずは自分で購入し,授業で使い,子どもも同僚もこれを見て,そしてその効果を実感したら,税金での購入が始まるのだと思う。ラジカセだってそうだったのだから。実際,ぼくの周りで自腹で実物投影機を買う人の多くは,実際に同僚が使っているのを見たという人だ。見たことないものの有効性を論じるから,すぐにあるべきだ論になるのだ。

#ブログに書いたら,さっそくメールで購入希望があった。普段はあんまり連絡しない方々だった。ブログを読んでいただいていることと,遠慮無く申し出ていただいたことをうれしく思った。

|

« 目黒区立原町小校内研(9/5) | トップページ | NIME先導的プロジェクト収録開始(9/6) »

「実践」カテゴリの記事

産学共同」カテゴリの記事

コメント

前年度のチエルのセミナーに参加したものです。堀田先生とエルモ社の心遣いに感謝します。
個人的に実物投影機を購入したいと思っていました。
まずはモニターになってからということからでしたが、価格が押さえられているということなので、検討していきたいと思います。
本校でも一台はあるのですが、教室での活用は難しいので、コンパクトな道具があると助かります。本校でも、少しずつICTの授業での活用を広げていきたいと思います。

投稿: miya | 2007年9月11日 (火) 06時30分

夏に富山大学の高橋先生を本校にお迎えし、講演を行っていただきました。楽しい実物投影機を使ってのワークショップも! その会の最後に校長が「確かに備品として必要。でもこれが入るまでに何年かかるかわからない。ほしいと思ったら自腹で買いましょう。」と・・・・。
そして昨日特別価格の件を校長に話すと、「きちんと職員打ち合わせで職員に伝えなさい」とおっしゃったので、思い切って伝えると・・・・。
なんと7人も申し込みがありました。びっくりです。うちの学校も何かが変わり始めています

投稿: chika | 2007年9月 8日 (土) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区立原町小校内研(9/5) | トップページ | NIME先導的プロジェクト収録開始(9/6) »