« 聖心「教育メディア論」(12/17) | トップページ | 「学校図書館で育む情報リテラシー」amazonに反映 »

和歌山大附属小校内研(12/18)

Waka1Waka2Waka3Waka4自宅を早朝に出て,06:45羽田発の便で関空へ。野中先生がお迎えに来てくれた。途中,木原先生をピックアップして和歌山大学教育学部附属小へ。
2月1日(金)の公開研に向けた校内研究会。2学期末の,授業日があと2日という時期の研究会だったが,たくさんの先生が前向きに参加していた。3校時は5つの授業を参観。ICTを有効に用いた算数の授業が光る。実物投影機はすでに普段から使われている状況。4校時は5・6年複式学級(僻地校の授業スタイル研究のため,僻地校の多い和歌山県の附属小には複式学級がある)でのNetモラル教材を使った情報モラルの授業。異学年で学ぶよさを活かそうとした実践だった。
午後は協議会。授業に一家言持っている附属小の教官を前に助言するというのはしんどいことだけど,みなさん非常に真剣に聞いてくれてうれしかった。松浦校長(教育学部教授)にもご意見をいただくことができてうれしかった。
RamenHariお昼は木原先生,野中先生,豊田先生と一緒に和歌山ラーメンの定食。夜は附属の先生たちを交えてハリハリ鍋。どちらも楽しい仲間との会食。いい時間を過ごした。おつきあいいただいたみなさんに感謝したい。
それにしても,全国にあまたある附属小学校で,ICT活用に特化した授業公開研を実施する学校はほとんどないはず。しかも当日は,和歌山大学の野中先生,豊田先生のほか,大阪教育大の木原先生,富山大の高橋,そしてぼくという講師陣。授業もたくさん公開されるし,パネルなどのメニューも豊富。2月1日(金)の公開研は絶対に見ておいた方がいい。

|

« 聖心「教育メディア論」(12/17) | トップページ | 「学校図書館で育む情報リテラシー」amazonに反映 »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖心「教育メディア論」(12/17) | トップページ | 「学校図書館で育む情報リテラシー」amazonに反映 »