« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

札幌へ(1/29)

Sap1Sap2朝からNIMEに勤務。たくさんたまった事務処理等を片付けて,13:00過ぎのリムジンで羽田空港へ。
新千歳空港に到着。気温は0度。快速エアポートで見る外の景色は,除雪はしてあるけど積雪は合計1mぐらいか。札幌駅からホテルまで乗ったタクシーの運転手が「いやぁ今日は暖かいねー」と言っていたのが印象的。ぼくは縮こまってるのに。
雪プロ前夜祭に8名が来てくれた。今後のことについて議論。味噌ラーメンもおいしかった。

| | コメント (0)

教師力アップセミナー講演記録

1月19日に教師力アップセミナーで講演した記録ができたと報告があった。ここで読める。

| | コメント (0)

文書表現技術ガイドブック

文書表現技術ガイドブック」(共立出版)。東京学芸大学の岸学教授の編著による本。テクニカルライターの冨永さんも執筆している。現場の先生には必読だろう。これから言葉の力が重視されるのだし。総合的な学習の時間などでプレゼンを教えることがある先生にも役に立つ。また,学会等で研究発表する先生には常識的なことが記されているので確認の意味でも一読を勧める。

| | コメント (0)

「これからの学社融合」シンポジウム(2/9)

「これからの学社融合」というテーマの博物館・学校・公民館の連携とICT活用に関するシンポジウムが,福岡・マリンワールドで行われる。ぼくは,文部科学省生涯学習局社会教育課の栗原祐司氏とともに基調講演,パネルディスカッション。

| | コメント (0)

ICT活用と学力向上フォーラム(CEC)

CECが文部科学省からの委託を受け,NIMEと共同して全国で6回フォーラムを行う。ぼくは以下の4回に参加。お近くの方,どうぞ。

・2月5日(火)熊本会場
  (熊本県立教育センター研究発表会の分科会として実施)
・2月8日(金)仙台会場
・2月14日(木)岡山会場
・2月19日(火)富山会場

| | コメント (0)

世田谷区ICTマイスター発表会(2/4)

世田谷区の教育情報化施策の1つである「ICT活用授業研究員(ICTマイスター)」制度の成果報告会が,2月4日(月)14:00-16:15世田谷区中町ふれあいホールで行われる。18名のICTマイスターの取り組みの報告のあと,ぼくが講演。世田谷区内や近隣区にはチラシが回っているけど,もちろん都内・都外の先生たち,あるいは一般からも参加は可能。当日,会場へ。両面カラーのチラシはこちら(pdf)

| | コメント (0)

筑波大附属小ICT算数公開研(2/2)

筑波大学附属小学校の第6回算数授業ICT研究会が2月2日(土)に行われる。ぼくは「教科におけるICT の活用 その現状と課題」という演題で講演。詳細はこちら

| | コメント (0)

和歌山大附属小ICT公開研(2/1)

和歌山大学教育学部附属小学校の第2回ICT活用授業研究会は2月1日(金)に行われる。附属学校で全学級がICTまたは情報教育,情報モラル教育に関する実践を公開する。ぼくは,分科会の助言,木原さんとの対談「提案授業から学ぶ」,パネルディスカッション「これからのICT活用授業とは」と忙しい。詳細はこちら

| | コメント (0)

教員のICT活用指導力向上フォーラム(1/31)

毎年恒例お台場での,ICT活用と学力向上の研究に関わる発表。今年度はICT活用指導力にフォーカス。ぼくはパネルディスカッション「教員のICT活用指導力を向上させる研修の在り方」のコーディネート。詳細はこちら

| | コメント (0)

雪の学習研究会(1/30)

雪の学習研究会は,札幌市で行われる。「雪の学習を学校カリキュラムに位置づける」というテーマ。ぼくは学校研究の方法について講演する。詳細はこちらの右の方をクリック。

| | コメント (0)

永野科研会議(1/28)

永野科研の会議があった。永野科研は日本教育工学会として人選等を行って進めてきた研究。選ばれたことは名誉だけど,責任もある。
ぼくは,黒上さん@関西大,中川さん@NIMEと3人で,ICT活用のエキスパート教員について分析を進めてきた。その成果は,2007年7月および2008年3月の日本教育工学会研究会で発表した(する)。

| | コメント (0)

学会の仕事(1/27)

この日は日本教育工学会の編集委員会,理事会。編集委員会には特集号編集委員長としての提案があり,理事会には研究会委員長としての提案があった。終了後に特集号編集の方針や,総説の方向感について同副編集委員長の木原先生と打合せ。木原先生はこの日,朝のうちに学会の大会企画委員会を委員長として切り盛りしていた。
学会の質や運営について,若い頃,ぼくも不満を持つことがあった。ところが,実際に会場校を担当したり,理事になってみたりすると,学会とはいかにおそろしいほどボランタリな形で成立しているかということがよくわかる。その分野である程度認められた研究者たちがボランティアで運営してくれているのに,若いぼくはそんなこともわからずにいたことが情けない。

| | コメント (0)

岐阜市立京町小公開研+岐阜市先導的中間発表会(1/25)

Kyo1Kyo2Kyo3岐阜市教育委員会とNTT西日本岐阜支店は,文部科学省平成19年度「先導的教育情報化推進プログラム」に採択された。この日はその1年次の中間報告。
午前中は岐阜市立京町小学校の公開研という形。7学級が2時間に渡り全学級公開。いずれもICT活用に無理が無く,普段から取り組まれていることがよくわかる。また,授業の前後の学びの連続を意識した学習技術の定着,教科書の活用など,生涯学習時代の学校教育の理想的な形を公開していた。これらは井上校長の学校経営ビジョンによるものであり,全校にそのビジョンが浸透していることが感じられた。井上先生の学校経営ビジョンについては,知恵と工夫の学校経営―ICTの活用による「協育」と校務の情報化にまとめられている。ぼくはすでに読ませていただいたけど,読みやすいよい書籍。オススメしたい。
午後は,岐阜市教育委員会として,本プロジェクトをどういう考えで進めているか,進捗はどうかという報告。最後にぼくが講演をした。講演は,午前中の京町小の授業を引きながら授業でのICT活用から入り,校務の情報化の考え方や情報セキュリティについて述べた。

| | コメント (0)

津山市立西小学校(1/23)

Kage1Kage2Kage31月22日のうちにNIMEから羽田に出て岡山空港から津山へ。高橋さん@岡山県総合教育センターと合流。今回の訪問先の影山さんと3人で一献。
1月23日は朝から津山市立西小学校へ。中休みに研究推進の先生方と話をする。3校時は影山さんによるメディつき授業。子どもたちに沖縄県のイメージを考えさせ,そのイメージが固定化していることを示し,なぜこのようになったのだろうかということから,メディアの性格を考えていく授業。学級経営が安定していること,メディつきについて普段から子どもたちに意識させていることもあり,よい授業だった。
4校時は高橋さんによる飛び込み授業。子どもたちの身近なアイスの成分表示から入り,CMとのギャップを感じさせる授業。消費者教育の流れでのメディつき授業は,高橋さんの教材開発力を感じるものだった。
影山学級の子どもたちと給食を食べ,昼休みを使って3人で協議会。5校時は影山さんによる校内研の研究授業,その後,校内の先生方と協議会。ぼくは20分の時間をいただき,本校の研究テーマの価値と情報教育をつなぐ話をした。
いいクラスを見るといい気持ちになる。今日もそんな1日だった。

| | コメント (1)

ハイディさんを囲む会(1/21)

Heidi英国からJapanSocietyの公務で来日したハイディさんを囲み,品川でもつ鍋を食べた。参加11名は,日英交流学習プロジェクトに参加するメンバーを中心に,何らかの形でハイディさんに縁がある方々。おいしく楽しく食事をして盛り上がる。

| | コメント (0)

熊本へ(1/21)

朝の便で熊本へ。バスで熊本県庁。県教委の石井総括審議官兼教育次長と2人でランチ。石井先生はぼくが小学校5年生の時の担任の先生だ。熱い学級経営だった。クラスのメンバー8名で取り組んだ「うずの研究」が全国連合小学校長会会長賞を採った。ぼくが研究のおもしろさを知った原体験。この指導者が石井先生だ。現在の石井先生の位置は,熊本県の義務教育籍教員のトップ。すばらしい指導者に出会えたことを今さらのように感謝しながらランチをご一緒した。
午後は文科省先導的プロジェクトの会議。県立学校の校務の情報化と決裁権限ルーチンの見直し。大きな仕事だが精力的に進んでいる。
夕方の飛行機で帰京。

| | コメント (0)

最終回メディつきセミナーに向けた打合せ(1/20)

2月23日(土)に行われる第7回「メディアとのつきあい方学習」セミナーは,この回をもって最終回となる。
最終回のセミナーでは,教科におけるメディつき学習のワークショップを6教科分立てる準備をしている。この日はその詳細打合せ。スタッフは真剣に考えた提案を持参し,3時間みっちり議論した。
最終回の申込はこちら。すでに定員に近い人数まで達している。今回は先着順なので,参加するつもりの方,判断はお早めに。

| | コメント (0)

管理職のための戦略的ICT活用シンポジウム(2/8)

管理職のための戦略的ICT活用シンポジウムの案内はこちら。管理職または(現在は)ミドルリーダーの教員はぜひ申込を。

| | コメント (0)

教師力アップセミナーで講演(1/19)

教師力アップセミナーに5年ぶりに登壇した。ICT活用は授業改善につながること,いや授業改善につなげるためのICT活用はこうあるべきだという話をした。会場はほぼ満席,みんな真剣に聞いてくれた。お休みの日にたくさんの人が全国からやってくるセミナーなので,前夜は遅くまでプレゼンの準備をした。

| | コメント (1)

成田さんと打合せ(1/16)

三重からの帰京の途中,名古屋で降り,成田さんと打合せ。成田さんは日英国際交流学習研究会の事務局長。これから始まる日英の交流学習プロジェクトに助言者として加わってもらうことのお願いをし,ご快諾いただいた。

| | コメント (0)

三重県教育委員会「ネットDE研修」(1/16)

前日に松阪入り。中村さん,谷本さんらと一緒に松阪でホルモン焼肉を楽しむ。
朝から津に移動し,三重県総合教育センター入り。すぐにスタジオに入って,ネットDE研修の撮影。ぼくの役割は,ICT活用指導力のうち大項目Bの解説。1時間強で4セッションに分けた解説を収録した。

| | コメント (0)

第7回メディアとのつきあい方学習セミナー(2/23)

第7回「メディアとのつきあい方学習」セミナーは,いよいよ最終回。毎回,ワークショップの関係で定員があるが,定員は常に満席,しかも欠席はゼロに近く,リピート率も5割近いという点で驚異的。
最終回に関する先出し情報はここ。チラシなどもあるので,ぜひ周囲の方と一緒にご参加を。参加受付はここで1月17日(木)より開始。

| | コメント (0)

ロンドン7日目+帰国の途へ(1/11)

昨日,ブライトンで少し風邪を引いたようで,しんどい。朝からみんなで近所のホテルに出かけ,最後のEnglish full breakfast。とてもおいしかった。体調がイマイチのぼくを野中さんはじめみんなが気遣ってくれた。感謝。
11:00ハイディさんのオフィスで日英交流についてミーティング。北ウェールズのヘレン校長先生が現地の7校を束ねている。日本からの交流校とのマッチングについて相談。盛り上がる予感がした。その後,ヘレン校長,ハイディさんと和食ランチ。ヘレン校長と別れ,ハイディさんのオフィスに戻って出版関係の打合せ。パディントン駅に出て,荷物を受け取り,Heathrow Expressで空港へ。予約カウンタで今回の旅行最後の騒動があったけど,何とか通過。19:00の飛行機に乗る。機内では「私をスキーに連れて行って」「踊る大捜査線」と懐かしい映画を2本,おいしく食事をして爆睡。そして無事に帰国。

| | コメント (0)

ロンドン6日目(1/10)

123パディントン駅からビクトリア駅まで出て,電車で1時間。ブライトンの街は嵐で落ち着かなかった。野中さんご推薦のおいしいfish&chipsのお店でdover soleを食べた。
午後,アブリル先生が勤めるブライトン大学教育学部へ。UNIQUE本の相談,SITEでのプレゼンテーションの相談,1月末の来日の際のスケジュールの相談。異国の優れた先生と一緒に研究できることをうれしく思った。
夜はジェフに手料理をごちそうになった。たくさん買ってきた日本みやげに喜んでくれた。

| | コメント (0)

ロンドン5日目(1/9)

B1B2B3朝から電車を乗り継いでOlimpia駅。BETTに入場。International Loungeで前川審議官,中沢調整官,當間係長と合流。さらに坂元先生や清水先生とも合流。
ブースを見て回る。あまりに巨大な展示会なため全部はとうてい見られない。英国の今年のトレンドは,personalizationがさらに進化。日本的に言えば,校務の情報化を進めた結果,学習経験や達成度がすべて個別管理され,それがICT活用によって学習支援の個別化につながっているというところ。ほぼすべての教室にインタラクティブホワイトボード,学習指導要領準拠のコンテンツの組織的提供,質の高い校務情報化システムのシェアが90%超と,整備にしっかりとお金をかけてきたことがどんどん花開いている印象。
エルモ社の展示に,ぼくが関わるプロジェクトの事例が出ていてうれしかった。同社の林さん,小林さんと高橋とランチ。夕方,別件でロンドンに来ている木原さんと合流して食事兼打ち合わせ。

| | コメント (0)

ロンドン4日目(1/8)

H1H2ハイディさんのオフィス,Japan Societyへ。日英交流学習担当のAnnaを含め,ハイディさんたちがこれまで取り組んできた日英交流支援の具体について紹介をしてもらう。渡辺さんや向井さんの勉強になったかな。
H3H4お昼はみんなで中華街に出かけて飲茶。夜はマレーシア料理に連れて行ってもらったあと,Mamma Mia! を観にPrince Wales Theatre。

| | コメント (0)

ロンドン3日目(1/7)

123朝からCaren先生がお迎えに来てくれて,Brixham小学校へ。
2つの班に分かれる。1つは野中+渡辺+向井で,日本の正月の遊びを中心に紹介する班。もう1つは高橋+高橋奥+堀田で,着物・書き初め・お茶を紹介する班。午前中2コマ,午後1コマを使い,全学級を回った。
5_24_26渡辺さんや向井さんはさすが小学校教員(だった)ということがよくわかるような優しい眼差しで,子どもたちにいろんな技を披露していた。こちらの班の着物解説,書き初めやお茶会も子どもたちの目が釘付けたった。
お昼ご飯は,子どもたちとランチルームで。人なつっこい子どもたちだった。
111213その後,隣にある中等教育学校へ。校内を案内されてICT環境を見て回る。講堂にもやはりプロジェクタが天釣り。学校のマネジメント体制がしっかりとしており,しかも近隣の学区の学校同士が連携しているのが印象的だった。

| | コメント (0)

ロンドン2日目(1/6)

時差ボケもあり5時前に起きる。ロビーで交渉したりしながらネットにトライするも,なかなか繋がらず。途中,10分間だけうまくいく時間があったけど,それだけ。これで12.5ポンド(約3000円)。普段使っている日本のネット環境が充実していること,円が弱いことの二重苦を感じる。ロビーで格闘しているぼくに高橋夫妻がチョコとコーヒーを買ってきてくれた。心遣いに感謝した。
P1060956P1060968Image09:00にハイディさんが合流してくれ,Notting Hill Gateで朝食,Hyde Parkを散歩。途中,Oyster Card(こちらのSUICA?)を買ったり,昼食のパンを買ったりしつつ,お昼過ぎにPaddington駅へ。駅でハイディさんに見送られて,British Railwayの列車に乗車。
電車に揺られ3時間余り。車内で昼食。
Totnes駅に到着。明日訪問するBrixham小学校のMel校長先生とCaren先生がお迎えに来てくれる。Brixhamは漁師町。途中,お茶した後,今夜の宿泊地の海辺のホテルへ。景色がきれい(だと思う。真っ暗だけど)。19:30から,両先生とそれぞれの旦那さんと一緒にみんなでディナー。楽しく食事をし,コーヒーを飲んだら,もう遅い時間。時差ボケがドッと来て,23:00にダウン。

| | コメント (1)

ロンドンへ+1日目(1/5)

例のように前日深夜にようやく荷造りをする時間ができる。自宅を07:00に出発。成田エクスプレスでは爆睡。成田国際空港のスタバで向井さんと合流。いくつかの買い物を済ませ,預ける荷物を詰め直し。出国審査のあとラウンジで最後のメール片付け。
出発ゲートで高橋夫妻,渡辺さんと合流。11:15搭乗。機内では高橋が隣の席だったこともあり,いろいろと打合せを済ませる。今回は映画も見ず,昼寝もほとんどせずに仕事をした。旅程等のチェック,原稿1本,メール15通,このブログの下書きなど。
現地時刻の15:30,ロンドンヒースロー空港に到着。関空からの便で先に到着していた野中さん,お迎えに来てくれていたハイディさんと合流。First Great Westernの電車でPaddinton駅へ。ホテルまで徒歩。
ぼくの部屋でおみやげ確認,明日からの旅程打合せ,その後,ホテルレストランでみんなで夕飯。ネットに格闘するもNG。早々にダウン。

| | コメント (0)

英国出発(1/5)

今日から渡英する。今回の旅の目的は,ロンドンから電車で3時間のところにある小学校の視察,BETTショー,ブライトン大学でラブレス教授を訪ねること,その他現地でハイディさんといくつかの打合せなど。

| | コメント (0)

文部科学省新庁舎初登庁(1/4)

200801041147000200801041146000今日は文部科学省の仕事始め。丸の内の仮住まいはこの年末まで4年間で終了し,今日から新庁舎での執務となる。新庁舎と言っても,かつての文部科学省のあった虎ノ門。旧庁舎は内装を新たにして展示室になり,その奥に霞ヶ関ビルと並んで新庁舎が建った(左側の写真に,旧庁舎と新庁舎が写っている)。文部科学省だけではなく,会計検査院が同じ建物に入っている。他省庁も多くある霞ヶ関に戻ったので,さまざまな点で仕事がしやすくなることだろう。
10:00よりホールで銭谷文部科学事務次官の年頭所感。
200801041021000初等中等教育局参事官付は7F。学習指導要領や中央教育審議会を動かす教育課程課の隣。その向こうには学力水準向上PT,その向こうには学校評価室。スペースは多少狭くなったけど,きれいな庁舎は気持ちがいい。もっとも今日は,山のような段ボールの中だったけど。

| | コメント (0)

教師力アップセミナー(1/19)

1-2ヶ月に1度行われている教師力アップセミナーに呼ばれ,1月19日(土)10:00-12:00に登壇する。平成14年以来2度目,5年ぶりか。今回は玉置先生と相談した上で「授業におけるICT活用の考え方と教師が備えるべき構え」という内容で講演をすることになった。すごい人たちのラインナップの中に位置付いているので緊張するセミナーだ。愛知県小牧市と遠いが,この地区以外の人も結構参加していると聞く。お時間がある方は参加してみてはどうだろうか。申込はこちらから。

| | コメント (0)

謹賀新年2008

日頃よりお世話になっているみなさま,明けましておめでとうございます。

2008年は,私の所属する独立行政法人メディア教育開発センターにとって,大きな転換期となります。新しい時代の要求に対し,専門である小学校における情報化対応に関する研究成果で貢献し,この転換期を乗り切るよう力となる努力をする所存です。

2008年は新しい学習指導要領の姿がはっきりし,教育の情報化も新しい局面を迎える大切なタイミングです。私は今年も,地に足のついた現実的な実践を追求し,これを支援する研究を進めたいと思います。みなさま,一緒にがんばりましょう。

今年から郵送での年賀状を5分の1にし,メールとブログに本格的に移行しました。新年早々失礼を致しますが,ご理解よろしくお願いいたします。

                                      堀田 龍也

| | コメント (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »