« 富山大学高橋研訪問(2/6) | トップページ | CECのICT活用フォーラム(仙台)(2/8) »

富山市立山室中部小校内研(2/6)

SasaSasa2Sasa3富山市立山室中部小学校は,基礎学力の徹底に関する著書のある杉田校長率いる大きな学校。ぼくが富山大学勤務時の最後の内地留学生の石黒先生が数年前から着任しており,今年からは笹原先生が着任した。教頭先生も教務主任も以前富山大学勤務時に知り合った方々だ。富山市の整備と学校の努力により,すでにすべての教室に実物投影機とプロジェクタが配備されており,程度の差こそあれすべての先生がすでに授業で使っている。
この日は,11月の公開研に向けた最初の校内研。3年生の鵜飼先生が10分間のモジュール学習における漢字指導の授業を公開,その後,笹原先生が3年生の社会科の授業を公開した。研究協議会は,授業に対する議論のあと,ICT活用の実践共有に分けて行われ,研究主任の力量がうかがえる非常に安定感のあるものだった。ぼくはいつものようにその日の授業をもとにコメントし,ICT活用の授業の考え方について解説した。すでに使い始めている先生たちなので,すーっと入っていく様子が講演しながら伝わってきた。
「習うより慣れろ」。そして「慣れてから習う」「習ったら慣れる」なんだろうな。機材が整っていない学校の研修に比べて,話が早いのが印象的だった。

|

« 富山大学高橋研訪問(2/6) | トップページ | CECのICT活用フォーラム(仙台)(2/8) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富山大学高橋研訪問(2/6) | トップページ | CECのICT活用フォーラム(仙台)(2/8) »