« ED-MEDIA2008採択(4/15) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」完成! »

今日のニュースに思う(4/17)

横浜の中学校の「学校裏サイト」に,悪口を書かれた生徒が先生に相談し,先生がサイト管理人に削除依頼を出したところ,今度は先生が誹謗中傷の標的になったというニュース(東京新聞読売新聞)。こういう記事を読むと悲しくなる。これは情報モラル教育の範疇なんだろうか。ネットの責任なんだろうか。そもそも人としてどうなのかということがわからなくなっている中学生(この事件では…)に指導すべきは,ネットの特性なんだろうか。
ツカサネット新聞にはこんな記事もあった。学校での情報教育には,やはり一定の影響力がある。実施していない学校にはそれなりの責任も生じるだろう。とはいえ指導の限界があるのも現実。ここにもそういう指摘がある。
学校の苦悩は続く。学校にもっと強い権限を与えることはできないものか。

|

« ED-MEDIA2008採択(4/15) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」完成! »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ED-MEDIA2008採択(4/15) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」完成! »