« フラッシュ型教材活用セミナーin静岡(4/19) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」がamazonに »

野中先生の横浜着任お祝い会(4/19)

ぼくが日頃から一緒に研究させてもらっている信頼できる先生に野中先生がいる。
野中先生はあの横浜・本町小の教諭だった方だ。オープンスペースのあちこちにパソコンが配置され,子どもたちが道具として活用していたあの本町小を見に行った人たちはたくさんいるだろう。野中さんが着任したのはその前。オープンスペースの多い建物なのにパソコン室は特別な部屋として固定されていたのだそうだ。そして,そのパソコンをオープンスペースに分散配置した情報主任が野中先生だ。
その後,野中先生は和歌山大学教育学部に長い間お勤めになった。現地の現場教員や附属学校に大きな影響を与えられたことはご存じの通りだ。英国在外で英国の教室のICT環境について日本にたくさん紹介され,影響を与えたことは周知の通り。UNIQUEプロジェクトではNIME客員准教授をお願いし,先般,ぼくと共同編著で書籍を刊行した。
No1その野中先生が,母校でもある横浜国立大学教育人間科学部に着任された。母校への転勤,同期や先後輩がいる横浜,そして文部科学省やNIMEに近い首都圏への転勤で,今後さらにご活躍されることだろう。これを祝って,木原さんや,同じくNIMEで客員准教授をお願いしている石塚さんや高橋(夫妻),和歌山時代に野中さんをしっかりとサポートしていた津守さんや宇田さんとともに,横浜中華街でお祝い会を実施した。とっても楽しく,すばらしい時間だった。
野中先生,これからもよろしくお願いします。

|

« フラッシュ型教材活用セミナーin静岡(4/19) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」がamazonに »

「日常」カテゴリの記事

コメント

前略
世田谷区立駒繋小学校の佐々木康雄です。
平成20,21年度と世田谷区教育ビジョンに基づき「情報教育研究開発校」としての実践を積むことになりました。
つきましては、1学期中に一度先生にご講演をお願いしたくメールいたしました。

失礼の段はお許しください。

投稿: 佐々木康雄 | 2008年4月22日 (火) 09時52分

堀田先生、昨日はお疲れのところ遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました。素晴らしいお祝いの会を開いていただき感謝しております。
お世話になりっぱなしで、足を引っ張るばかりでいつも申し訳なく思っております。先生の懐の深さは底なし?で、わたしのような浅薄な人間は見習わなければならないことばかりですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: のなか | 2008年4月20日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラッシュ型教材活用セミナーin静岡(4/19) | トップページ | 「わかる・できる授業のための教室のICT環境」がamazonに »