« New Education Expo 東京(6/7) | トップページ | キーボー島利用情報の公開(5/12) »

JSET編集委員会・理事会(5/10)

日本教育工学会の編集委員会と理事会の日。2ヶ月に1回のお勤め。
編集委員会は,査読論文として投稿された論文の担当者,査読者の決定,査読経過のモニター,採録や返戻の審議等が行われる重要な委員会。研究者は論文数で昇進や異動を含めた評価がなされるから,投稿する人も査読する人も真剣だ。ぼくも常に3-4本の査読をかかえている。現在は,特集号編集委員長も拝命しているので,そちらの進捗管理だけでもたいへんだ。ショートレターには100本以上の投稿があったので,査読者だけでも延べ200名以上に割り振ることになる。これらを,学会から選ばれた委員が,すべてボランティアで行っている。今回話題になったのは,論文を投稿しているのに,査読は「忙しいから」と断っているケース。それってやっぱり身勝手だなって思う。もちろん,専門性が異なる論文を無理に査読するのは難しいことだけど,「忙しい」なんて理由を使ったら,誰も査読する人はいなくなる。どれだけ論文が採録されたかということとは別に,どれだけ査読が回されるかが,その研究者への信頼になっているようにも思う。
理事会は相変わらずたくさんの懸案事項がある。会長・副会長はほんとうにたいへんだと思う。もちろんこれもボランティアだ。頭が下がる。ぼくは,研究会委員長として,また特集号編集委員長として報告した。

|

« New Education Expo 東京(6/7) | トップページ | キーボー島利用情報の公開(5/12) »

「研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New Education Expo 東京(6/7) | トップページ | キーボー島利用情報の公開(5/12) »