« 杉並区立沓掛小訪問(9/11) | トップページ | 実物投影機活用実践セミナー in 東京(9/13) »

目黒区立原町小訪問(9/12)

H1H2H3目黒区立原町小に野中先生と訪れた。ぼくら研究者は,学校現場に呼ばれて助言をすることが多いが,その方法は見よう見まねで習得したものだ。誰かと一緒に現場を見ることの大切さは,かつて木原さんと一緒に岡山市立平福小に入った時に強く感じたことだ。そんなこともあり,自分がお手伝いしてきた原町小に,ぼくらのための勉強の機会をいただけないかとお願いしたところ,3-4校時の授業公開,5校時の研究授業,6校時カットで全教員が参加する協議会の機会をいただくことができた。協議会では野中先生にICT活用についての考えを述べてもらい,先生方が納得していく表情が印象的だった。
5校時の遠藤先生の授業は,その授業づくりから関わり,協議会ではその考え方について解説した。遠藤さんはとても一生懸命に授業を準備した。その細案は5pに及んだが,学習内容も時間も,ズレがほとんどなくピタリと収まったのはさすがだと思った。指導案通りに授業を進めたのではなく,授業シミュレーションがよくできていたということだ。教員の予測通りに子どもたちが発言しているということは,子どもたちのことをよく看取っているだけでなく,発問が明確だということだ。授業中の片々の技術も大切にされていた。典型的なよい授業を見せてもらった。遠藤先生おつかれさまでした。

|

« 杉並区立沓掛小訪問(9/11) | トップページ | 実物投影機活用実践セミナー in 東京(9/13) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉並区立沓掛小訪問(9/11) | トップページ | 実物投影機活用実践セミナー in 東京(9/13) »