« NIMEな1日(2/26) | トップページ | 小学校英語フラッシュ型教材実践セミナーin名古屋(2/28) »

K3定例会(2/27)

K3プロジェクトでは,研究者のみの研究開発部会,そこにドコモ側を足した定例会,さらに先生方等を足した全体会という3つの会議で運営をしてきた。全体会も研究開発部会も今年度分は完了していたので,今回の定例会が最終の会議となった。
今回の定例会では,教材配布の現状把握と問題の回避についての詳細なツメを行った。幸い「春野家ケータイ物語」は,すでに数千校から送付申込が入り,現在は約1ヶ月待ちという状況だ。伴って問い合わせ等も多い。これらの処理をルーチン化し,少しでも早くスムーズに届けようという形で,関係者が努力している。
文部科学省が行ったケータイに対する実態調査の結果が報道され,それを前倒しする形で文部科学省から学校へのケータイ持ち込みの原則禁止についての対応方針の通知文が出されたが,その通知文にも以下のことが書いてある。

2.学校における情報モラル教育の取組について
 学校への携帯電話の持込みの禁止や、使用禁止を行うことだけでは、児童生徒を「ネット上のいじめ」やインターネット上の違法・有害情報から守ることはできないことから、このような情報化の影の部分への対応として、他人への影響を考えて行動することや有害情報への対応などの情報モラルをしっかりと教えることが重要であること。
K3プロジェクトの取組および配布教材が,このお役に立てればと思う。

|

« NIMEな1日(2/26) | トップページ | 小学校英語フラッシュ型教材実践セミナーin名古屋(2/28) »

産学共同」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NIMEな1日(2/26) | トップページ | 小学校英語フラッシュ型教材実践セミナーin名古屋(2/28) »