« 日本教育工学会3日目(9/21) | トップページ | 日本教育工学会で論文賞受賞(9/20) »

第4回「ことばと教育研究助成事業」

財団法人博報児童教育振興会による,第3回「ことばと教育」研究助成事業にて,以下の論文が優秀賞を受賞した。これは,中心となった高橋薫さん@お茶の水女子大学大学院が,米沢市の中学校を対象としたアントレプレナーシップ教育での「ことばの力」についての研究だ。ぼくは,後方支援役であり,主として論文化する部分を協力した。高橋さん,おめでとう!

研究題目:
アントレプレナーシップ教育で育まれる「ことばの力」の検証
研究代表者:
高橋 薫(お茶の水女子大学大学院人間文化研究科)
共同研究者:
村松 浩幸(信州大学教育学部 准教授)
金 隆子(米沢市立第二中学校 教諭)
金 俊次(米沢市立第四中学校 校長)
村岡 明((株)ジャストシステム 法人ビジネス企画部 部長)
椿本 弥生(東京大学大学院情報学環 特任助教)
堀田 龍也(玉川大学学術研究所 准教授)

|

« 日本教育工学会3日目(9/21) | トップページ | 日本教育工学会で論文賞受賞(9/20) »

「実践」カテゴリの記事

「研究」カテゴリの記事

コメント

お茶の水女子大学大学院の高橋薫です。

情報を掲載していただきありがとうございました。

また,この度の研究に際しまして
数々の貴重なコメントを頂戴し心から感謝申し上げます。

本研究は一院生の力だけでは到底なしえなかったと思いますが
共同研究者のみなさまや,
協力校の先生方や生徒のみなさんに支えられて
なんとかここまでやって来られたと感じています。
受賞はもちろん嬉しいのですが,それにもまして
人の縁に恵まれたことの幸運に感謝しています。

投稿: 高橋薫 | 2009年9月24日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本教育工学会3日目(9/21) | トップページ | 日本教育工学会で論文賞受賞(9/20) »