« 「学習情報研究」企画会議(11/6) | トップページ | フラッシュ型教材活用セミナー in 東京(11/14) »

大分大学GP「情報教育イノベータ」フォーラム(11/7)

大分大学は,文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム(GP)」により,「大分県における教育の情報化のための『情報教育イノベータ』育成プログラムの開発」を受託している。3年間の3年目ということで,「情報教育イノベータフォーラム2009」が行われ,基調講演とパネルディスカッションのコメンテータとして大分に呼ばれた。
朝の便で羽田から大分へ。竹中さん@大分大が公用車のプリウスでお迎えに来てくれた。途中,別府SAでAPUを初めて見た。会場に到着後,大岩学部長とご挨拶。お弁当を食べながら打合せ。
大分大の取り組みは,いわゆる情報技術を理解した教員の育成であり,これはこれで一定の数が必要だと思う。一方で,普及の時代に望まれることはまた別の要素も大きいと感じているので,国の動向も踏まえ,このあたりを基調講演で話した。パネルディスカッションでは,パネリストの1人に高橋もいたので,具体的な話はそちらに任せた。コメンテータとして10分いただいていたのだけども,結局は回って来なくて,散発的な質問に回答するのみ。世田谷区のICTマイスター制度などを紹介しようと思っていたのに残念。

|

« 「学習情報研究」企画会議(11/6) | トップページ | フラッシュ型教材活用セミナー in 東京(11/14) »

「セミナー」カテゴリの記事

コメント

遠い大分での講演ありがとうございました。
自分にできることから始めていこうと思います。
「世田谷区のICTマイスター制度」が気になります。

投稿: hatano | 2009年11月10日 (火) 23時38分

お疲れ様でした。
私自身参考になる話を聞くことができ、とてもうれしく思いました。

投稿: Y.Mochizuki | 2009年11月 9日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「学習情報研究」企画会議(11/6) | トップページ | フラッシュ型教材活用セミナー in 東京(11/14) »