« 「フラッシュ型教材のすすめ」リーフレット無料配布スタート | トップページ | 玉川な1日(11/18) »

津市立太郎生小公開研(11/17)

123早朝の新幹線で津市立太郎生小学校へ。名張駅に中林校長がお迎えに来てくれた。いつもありがたい。
全校児童38名。そこに88名もの参観者が集まった研究会。10分間のモジュール型の学習活動を公開したのみで,45分間の一般授業は無し。早めに協議会会場に入って,当校教員による模擬授業。これが研究成果の発表にあたる。異色ではあるが,逆に主張がよく伝わる構成だった。むしろ一般の公開研ももっと大胆な形式を採用してもいいのになとも思った。
中林校長,玉置先生@愛知県教委,中村教頭@三重大附属小とぼくとで対談。学習の徹底について議論が及ぶ。保護者の方ともお会いできた。とても楽しい時間だった。
本公開研の様子は,CHIeru Magazineで。

|

« 「フラッシュ型教材のすすめ」リーフレット無料配布スタート | トップページ | 玉川な1日(11/18) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「フラッシュ型教材のすすめ」リーフレット無料配布スタート | トップページ | 玉川な1日(11/18) »