« 聖心「教育メディア論」(11/16) | トップページ | 津市立太郎生小公開研(11/17) »

「フラッシュ型教材のすすめ」リーフレット無料配布スタート

新学習指導要領に対応し,まずは基礎基本の定着を目指して,まずは「フラッシュ型教材」を始めてみましょうとセミナー等で全国にアピールしてきた。おかげさまで次回の2010年1月30日(土)札幌のセミナーが18回目となる。毎回たくさんの先生方にご参加いただいていることに感謝したい。
また,フラッシュ型教材の活用を促進するために,先生方の自作のフラッシュ型教材を共有するサイトe-teachersを運営し,こちらもおよそ5000名,およそ10000教材が共有されている。
Leafこれらの動きを受けて,堀田を代表とする「フラッシュ型教材活用実践プロジェクト」では,「フラッシュ型教材のすすめ」というリーフレットを作成した。リーフレットには,フラッシュ型教材とはどのようなものか,どうやって作るか,どうやって使うか,どうやって共有するかなど,活用のノウハウが初心者の方々にもわかりやすいように示されている。
校内研や,地域での学習会,教育委員会や教育センターでの研修等,配布が必要な場合に,希望の部数を無料で送付できるようになっている。下記2つのサイトのいずれかにアクセスし,どちらも一番上にある「リーフレットのお申し込みはこちら」バナーをクリックすると,申込フォームへリンクしているので,そこに必要事項を記載すると申し込める。

フラッシュ型教材活用セミナー
フラッシュ型教材ダウンロードサイト「e-teachers」

|

« 聖心「教育メディア論」(11/16) | トップページ | 津市立太郎生小公開研(11/17) »

「サービス」カテゴリの記事

産学共同」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖心「教育メディア論」(11/16) | トップページ | 津市立太郎生小公開研(11/17) »