« フラッシュ型教材活用セミナー in 札幌(1/30) | トップページ | twitterでフォローされている数が200に(1/31) »

VHS関西の集い(1/31)

V清久さん@兵庫県立子どもの館が発起人となって,VHS関西の集いがスタートした。初回ということもあって,ぜひぼくも参加したいと関西に向かった。ぼくも含めて9名のメンバーでみっちりディスカッションした。いい会だった。

|

« フラッシュ型教材活用セミナー in 札幌(1/30) | トップページ | twitterでフォローされている数が200に(1/31) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

2008年9月13日、2009年8月22日のICT活用講習会でお世話になった者です。特に夏の講習会では、教材研究に活用できるホームページを教えていただき、利用させていただきました。それまで英語科で利用しているものというイメージの強かったフラッシュカード的な使い方を自分の教科でも作成してみました。予想以上の効果があり、定期考査では、昨年度までの類似問題での正答率が30%もアップしました。もちろん安易な比較は軽率かもしれませんが。それでも1月29日(金)の研究発表会の教科分科会発表で、2分割画面(実物投影機で活用では面白い効果が見られました)の活用例などとともに報告しました。専任人数とともに授業時間数も少ない教科では、活用例を情報交換することで、授業準備の時間短縮が基礎基本の定着や生徒支援にかける時間の増加につながってくれればよいと願っています。まずはお礼まで

投稿: 松尾 啓子 | 2010年1月31日 (日) 18時46分

2008年9月13日、2009年8月22日のICT活用講習会でお世話になった者です。特に夏の講習会では、教材研究に活用できるホームページを教えていただき、利用させていただきました。それまで英語科で利用しているものというイメージの強かったフラッシュカード的な使い方を自分の教科でも作成してみました。予想以上の効果があり、定期考査では、昨年度までの類似問題での正答率が30%もアップしました。もちろん安易な比較は軽率かもしれませんが。それでも1月29日(金)の研究発表会の教科分科会発表で、2分割画面(実物投影機で活用では面白い効果が見られました)の活用例などとともに報告しました。専任人数とともに授業時間数も少ない教科では、活用例を情報交換することで、授業準備の時間短縮が基礎基本の定着や生徒支援にかける時間の増加につながってくれればよいと願っています。まずはお礼まで

投稿: 松尾 啓子 | 2010年1月31日 (日) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラッシュ型教材活用セミナー in 札幌(1/30) | トップページ | twitterでフォローされている数が200に(1/31) »