« 玉川な1日(2/18) | トップページ | 情報テキスト改訂会議(2/19) »

小田急の会(2/18)

O平日の夜,玉川大学までやってくるのは,沿線の人でもたいへんだ。それでもたくさんの人たちが集まってくる。今回はレポートの採点,児童の心のケア,保護者会の話題の持ち方など。若い教師たちの努力を見て,心から応援したいと思う。
勘のいい教師は,いろいろなことに気づく。自分の力の無さがわかる。そして自分を責める。しかし,いろいろなことに気づく人は,それでもう十分に伸びるポテンシャルがある。だから無駄に自信を無くさずにがんばり続けてほしい。仲間がいてこそ刺激を受けることができがんばれるものだ。そんなことを思った会だった。

|

« 玉川な1日(2/18) | トップページ | 情報テキスト改訂会議(2/19) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉川な1日(2/18) | トップページ | 情報テキスト改訂会議(2/19) »