« 「伝える極意」収録2日目(2/23) | トップページ | 「伝える極意」収録3日目(2/24) »

新宿区立四谷小校内研(2/24)

12朝からエルモといくつかの打合せ。10:30に新宿区立四谷小へ。3校時に3本,4校時に3本の授業を参観,5校時に研究授業1本を観る。ベテランの指導の確かさ,教科のエキスパートによる児童の発言の際立たせ方が印象的だった。
協議会では,教科の目標到達のための指導についてのディスカッションと,ICT活用のディスカッションが,やや分離気味に話されていたことが気になったので,その点を含めてコメント。ICT活用は指導法改善の一方法に過ぎない。とりわけ1時間の授業内における動機づけや指示の明確化,児童発の情報の共有などの1シーンの増幅装置に過ぎない。そう考えれば,議論すべきは,当該授業の目標達成のための1つ1つの授業行為とICTの相性のこととなる。当然ながらそれらの授業行為は系列化され,前が後の伏線になっているはずだが,そのこととICT活用そのものは本質的には関係しない。この点が一斉授業におけるICT活用がCAIなどと異なる点だ。学習制御の機能はICT側にあるのではなく,教師によってドライブされる。

|

« 「伝える極意」収録2日目(2/23) | トップページ | 「伝える極意」収録3日目(2/24) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「伝える極意」収録2日目(2/23) | トップページ | 「伝える極意」収録3日目(2/24) »