« 玉川な1日(4/5) | トップページ | H22科研内定(4/6) »

玉川な1日(4/6)

Sakuraストレート・マスター2年生の教職専門実習(教育実習)のガイダンスに立ち合う。学部の教育実習とはひと味もふた味も違うことがよくわかる。実習校をキープするための大学教員の苦労も理解できる。受け入れた学校の負担は大きいだろうから,それに見合う学生をどう指導するかが重点化されるべきというところか。ぼくはおそくら2-3名の担当になる。
科研の交付申請書等を作成。

|

« 玉川な1日(4/5) | トップページ | H22科研内定(4/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉川な1日(4/5) | トップページ | H22科研内定(4/6) »