« 「パソコンとネットで子どもは伸びる」が出版 | トップページ | 米沢市立第二中学校訪問(6/30) »

富山大時代の教え子と一献(6/29)

Kぼくが富山大学教育学部の専任講師として着任したのは1996年,32歳の時だった。その時,M2や学部の3年生だった学生たちと渋谷で久しぶりに集まった。ぼくの研究室だけでなく,山西研,向後研などのメンバーだが,みんな仲が良く,とても印象に残っている学年だ。会ったのは12年ぶりぐらいか。彼らはすでに当時のぼくの年齢を超え,会社では中堅となっていた。久しぶりに会ったのに会話が弾み,楽しい時間が過ぎた。ぼくは中座したけど,帰りはワールドカップのサポーターたちで渋谷の町はごった返していて警察沙汰の中をかき分けて帰宅した。

|

« 「パソコンとネットで子どもは伸びる」が出版 | トップページ | 米沢市立第二中学校訪問(6/30) »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パソコンとネットで子どもは伸びる」が出版 | トップページ | 米沢市立第二中学校訪問(6/30) »