« 三重県菰野町立千種小学校訪問(6/25) | トップページ | 慶應:情報メディア利用論(6/28) »

フラッシュ型教材活用セミナー in 四日市(6/26)

12_33フラッシュ型教材活用セミナー in 四日市。参加者は104名。60名定員を今回も大きく超過した。会場は少し手狭になってしまったが,おかげでものすごい盛り上がりになった。四日市市のみならず,三重県内の近隣の市町村からも多数参加があった。愛知県からは玉置所長も参加してくれた。感謝したい。
今回の参加者の先生方もとても熱心で,教員も指導主事も真剣に取り組んでいる様子が印象的だった。フラッシュ型教材は,習得,それも知識・技能の習熟を中心に狙っている教材だ。学校教育ではさまざまな力を育てるから,フラッシュ型教材の効能はその一部に過ぎないが,特に義務教育段階で確実に身に付けさせなければならないことを日々感じて授業している先生たちには,その有効性は確実に伝わる。稀に伝わりにくい相手がいるが,こういう人は,ICTの先進性を競い合っている,でもあまり周囲には認められていない実践者であることが多い。周囲から慕われる実践家は,基礎基本の定着もしっかりと行っている上で,斬新な実践をしているので,フラッシュ型教材の有効性をしっかりと認識してくれる。
このセミナーは今回で20回目。PDCAサイクルで常に見直しをしているので,1分刻みのスケジュール表も一番ずれたところでも4分ズレ程度で進行していく。今回も順調に進行した。四日市ケーブルテレビの取材も入った。
参加者の特徴は,ある学校から2名3名,場合によってはもっと多くの参加者がいることだ。そういう学校は,学校をあげて基礎基本の習熟に取り組むので効果が上がるだろう。今回は,津市立倭小学校から8名もの参加があった。さっそく学校Webサイトで中林校長先生による報告があがっている。保護者もきっと安心するだろうな。

|

« 三重県菰野町立千種小学校訪問(6/25) | トップページ | 慶應:情報メディア利用論(6/28) »

「セミナー」カテゴリの記事

コメント

堀田先生へ
本日はお忙しい中、四日市市までお越しいただきありがとうございました。四日市市教育委員会 長田でございます。
チエルのスタッフの皆様との連携も大変良く、充実した研修に参加できたことに心より感謝します。
また、高橋先生を始め、中村先生、玉置先生もお越しいただき、この上ない感謝の気持ちでいっぱいです。
この夏の本市研修会には諸先生方のお力をお借りし、四日市市の教員の研修のためにがんばっていきたいと思います。
また、8月6日の私の研究発表の際には、ご助言のほどよろしくお願いいたします。

投稿: 長田 淳 | 2010年6月26日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重県菰野町立千種小学校訪問(6/25) | トップページ | 慶應:情報メディア利用論(6/28) »