« 米沢へ(10/14) | トップページ | 村松君の博士号取得のお祝い会(10/17) »

山形県中学校道徳教育研究大会米沢大会(10/15)

123第11回東北地区中学校道徳教育研究協議大会/第41回山形県中学校道徳教育研究大会米沢大会/平成21・22年度米沢市教育委員会委嘱公開研究発表会が米沢市で併催された。授業公開は米沢四中で午前中に行われた。4つの道徳授業と,5つの教科の授業が公開された。
道徳の授業では,地域の偉人の学習に自分たちの夢を重ねる工夫や,過酷な職業に従事する人の気持ちの学習に自分たちの職場体験の経験を重ねる工夫など,優れた題材と自己の経験をつなげる授業づくりが光っていた。教科の授業では,当該教科の学習目標を達成する過程において,目標を持って取り組む活動,友だちと協力する活動,多様な視点でモノを見る活動などが行われ,生徒の人間的成長を支える教科学習という提案になっていた。たいへんすばらしい実践だった。授業別の分科会では,ワークショップ形式で行われ,活気ある協議が行われた。
午後は会場を変え,課題別分科会が行われた。第4分科会は情報モラル教育の分科会だったが,報告者2名とも「春野家ケータイ物語」や「ネットいじめに向き合うために」を活用していた。その後講演するぼくとつながっているかは不明だけど,普及していることを目の当たりにしてうれしく感じた。その後,「学校に求められる情報モラル教育」と題して75分の講演。米沢市内の中学校教員が8割も,熱心に聞いてくれたことに素直に感謝したい。

|

« 米沢へ(10/14) | トップページ | 村松君の博士号取得のお祝い会(10/17) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米沢へ(10/14) | トップページ | 村松君の博士号取得のお祝い会(10/17) »