« UT定例会(12/10) | トップページ | NHK教育「伝える極意」に出演 »

第32回VHS(12/11)

123第32回VHSは,アルプス研修センターで行われた。会場の準備のお手間をとっていただいたチエル株式会社のみなさん,特にわざわざ出席していただいた川居社長,加藤部長,山村部長に感謝したい。
塩谷さんによる学校紹介は,関西大学初等部の学校図書館のすばらしさは,設備が美しいということだけでなく,蔵書,学習環境,カリキュラム,指導体制についてのさまざまな工夫があるからだということがよくわかった。長井さんは,ライターの立場から見た調べ学習のノウハウについて惜しみなく紹介してくれた。中尾さんの研究紹介は,大きな課題を具体的にデータ化していくことの大切さを聞いた。チエル社の村上君はeTeachersの開発や運用から得られたさまざまなノウハウについて公開してくれた。
羽下さんの模擬授業は,理科の難しい月の見え方の学習。写真とプリントを使って説明した。その後のディスカッションではこの単元の指導の難しさについて議論された。笠置さんの国語の模擬授業では,中心文を見つけるという方法による説明文の読解についての学習。話し方がさわやかだということと同時に,こちらもまたこの内容の指導の難しさについての議論があった。石井さんは算数の三角形と四角形の分類の模擬授業。算数的用語を用いて話させることだけでなく,その空気感が話題になった。
最後の恒例高橋トークは,習得-活用-探究の学習活動の類型について。このことを誤って理解している人はほんとうに多いと思う。
今日も大盛り上がりでVHS終了。

|

« UT定例会(12/10) | トップページ | NHK教育「伝える極意」に出演 »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UT定例会(12/10) | トップページ | NHK教育「伝える極意」に出演 »