« チエル打合せ(3/15) | トップページ | スズキ教育ソフト打合せ(3/17) »

玉川な1日(3/16)

T5T4T1
T2T3T6玉川大学の住所は東京都町田市,キャンパスは横浜市と川崎市との間に広がっている。学内変電所の住所が横浜市にあたるということで,計画停電は第5グループ。計画停電が終了した13:00から教職員が入れるようになるとの報を受け出勤。とはいえ,今度は小田急線が14:30以降,新百合ヶ丘以西が運休ということもあり,研究室には1時間しかいられないこともわかっていた。そこで今回は,事務補佐の渡邊さんにも来てもらい,現状把握と対応策の見通しだけを判断することにして出勤した。
研究室のある大学9号館は,古い建物だということで,被害が大きかった模様。ロックアウト中に割れた窓ガラス等は営繕係が修繕してくれていた。建物の亀裂も暫定的に修理されていた。廊下の天井にはポッカリ穴が空いていた。
研究室は,本棚の本,積んであった書類等は,ほぼ床に散らばっている状況だった。プリンタも棚から床に落ちていた。揺れの大きさと長さが想像できた。安全のためにしっかり固定されている本棚も歪んでいた。ぼくと渡邊さんですぐに直せる状況ではないことがわかった。今後の対応について検討したが,講義が再開する前には何とか修復できるようにしたい。
帰り際,また余震があった。物が散乱し,天井や窓が不安定な中での余震はとても怖かった。東北の方々の精神的な辛さのほんの一端を感じた。

|

« チエル打合せ(3/15) | トップページ | スズキ教育ソフト打合せ(3/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チエル打合せ(3/15) | トップページ | スズキ教育ソフト打合せ(3/17) »