« 教職大学院:情報活用能力の育成と学習指導(6/14) | トップページ | NEE大阪でUTセッション(6/16) »

広島市立藤ノ木小校内研(6/15)

F1F2F3朝から羽田空港へ。20日ぶりの広島。高橋さん@チエルがお迎えに来てくれる。道中諸々情報交換しながら広島市立藤ノ木小へ。久しぶりに堀校長ほかのみなさんに挨拶。広教合流。
今日の授業は小島先生による小5算数。三角形の合同条件を既習事項として,本時は合同な平行四辺形を書くために必要な情報について検討する学習。学級経営もしっかりしているし,子どもたちは話し合い活動にも慣れていたし,しかもタブレットPCの活用はとてもスムーズに行われる段階になっていることもあって,1つ1つの学習活動については問題なく進む。協議会では,いくつかの指摘は出たが,ぼくからコメントしたことは,結果的に時間超過したのは,習得したことを活用させるだけでなく,「習得したことを活用するのだ」ということ自体を児童に意識させることの明示化の不足によるものだということ。学習形態として問題解決的であることは良いとしても,問題解決は謎解きではないので,問題解決の方針や段取りそのものも意識させたい,それが新学習指導要領とも呼応するという話。いずれにしても,このぐらい良い授業を拝見すると,いい気持ちで新幹線に乗れた。

|

« 教職大学院:情報活用能力の育成と学習指導(6/14) | トップページ | NEE大阪でUTセッション(6/16) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教職大学院:情報活用能力の育成と学習指導(6/14) | トップページ | NEE大阪でUTセッション(6/16) »