« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

室津港ツアー(8/31)

1_22_23_2セミナーが終わって,清久さんの車で室津の街へ。ランチと散策の後,11月におじゃました清久さんの友人の漁師の方の公栄水産に寄り,牡蠣養殖ビジネスについていろいろお話を伺う。とても刺激的だった。その後,湾内の牡蠣養殖筏まで,漁船で連れて行ってもらった。良い経験をさせていただいたことに感謝。
清久さんに姫路駅まで送ってもらい,のぞみで帰京。

| | コメント (0)

揖龍教育工学研究会夏セミナー(8/31)

111213朝から清久さんがホテルにお迎えに来てくれ,毎夏恒例で呼ばれる,揖龍教育工学研究会夏セミナーへ。参加は約60名。若手を中心にたいへんな盛り上がり。この地区でがんばるメンバーが,コツコツとICT活用等の普及に努力している成果だろう。ぼくは最後の講演で,ICT活用と教材研究について話した。

| | コメント (0)

滋賀大学教育学部附属中公開研(8/30)

352朝の新幹線で京都,乗り換えて大津,タクシーで滋賀大学教育学部附属中へ。8月30日なのに公開研というのはスゴイ。本校は文部科学省研究開発学校として,中学校で教科「情報」を設立するとすればどのようになるかという研究。たくさんの授業が公開された。
426授業が2コマのあと,教科別の協議会。その後,松原教授@滋賀大によるコーディネート,登壇者は黒上さん@関西大とぼくというシンポジウム。情報活用能力育成のための教育課程について,特に小学校での事例を話す。
終了後,同校の先生方,OBおよび講師陣での懇親会。中座して新幹線。

| | コメント (1)

練馬区立中村西小校内研(8/29)

夏休みが明けて子どもたちが元気に通っている中村西小へ。今日は12月9日(金)の公開研究会(pdf)当日の学習指導案の検討会。時間は正味1時間40分,指導案は12本。それぞれの指導案へのコメントの他,研推への課題の提示をして終了。1人1人の指導案検討にも,先生方が全員参加した。ほんとうにこの学校は熱心だ。いい公開研になると確信。ぜひみなさんもどうぞ(pdf)。同校の実践研究の様子はこちら

| | コメント (0)

「ぐんぐん身につく フラッシュ漢検5級」

Fフラッシュ型教材は,これまで「基礎基本」「英語」「食育」等が発売されてきたが,今回は「漢検」。TOEICや英検など,外部指標によって学校教育の成果エビデンスを図る動きに対応するために,授業で学んだ成果を「漢検」の枠組みで練習し直すことを目指した教材。これまでともっとも違うのは,プリント教材の充実。これはとても良いと思う。
購入はこちらから。

| | コメント (0)

「校務の情報化」推進セミナー in 福岡(8/27)

213朝は少しゆっくり。会場であるソフトリサーチパークに到着すると,すでに物理的な準備はほぼ完了していた。スズキ教育ソフトのスタッフの機敏な動きに感謝。
パネルのリハーサル,接続テスト,昼食を済ませた頃に,高田館長@マリンワールド海の中道がやってきてくれた。聞けば近くでワークショップを実施中とのこと。久しぶりに再会できてうれしかった。
「校務の情報化」推進セミナー in 福岡は,実践報告で受講者の心をつかみ,操作体験で実感を持つ,調査報告で理屈を理解し,総括講演で頭の整理をするという構成。70名ほどの参加者は,教育委員会や管理職の割合が多かった。アンケートの結果もよかったのでホッとした。
終了後は現地の校長先生たちも交えてスタッフ打ち上げ。それから屋台,スペインバル。

| | コメント (0)

Learning of Tomorrowな自称ワカモノタチの大宴会2011

日本教育工学会で恒例の若手懇親会の案内です。

==========================
今年もやってきた
Learning of Tomorrowな自称ワカモノタチの大宴会2011!!

日時:9月18日(日) 開場(受付開始) 20:30 開始 21:00 (23:00終了)

場所:庄や 南大沢店 (南大沢駅前)
    東京都八王子市南大沢2-3 ファブ南大沢2F(TEL 042-678-4161)

申し込み締め切り:8月31日(水)→9月12日(月)に延期
申し込みサイト:http://labs.m-mode.net/wakamono/
==========================

今年もこの季節がやってまいりました!!
例年100名以上の自称ワカモノがお集まり頂き、
大盛況の例のヤツを今年も企画しました!!

「Learning of Tomorrowな自称ワカモノの大宴会2011」
知り合いも増えれば,学会もますます楽しくなるものです.
より楽しい,実りある学会にしましょう!!遠慮なくドシドシご参加ください!!

なお,このメールを皆さんのお近くの興味・関心のある方に
ご転送いただければ幸いです.

皆様にお会いできるのを楽しみにしております.
どうかよろしくお願い致します.

本企画についてのお問い合わせは,
(jset-wakamono2011@list.waseda.jp)までお願い致します.
---
■日時
9月18日(日) 開場(受付開始) 20:30 開始 21:00 (23:00終了)

■場所
庄や 南大沢店 (南大沢駅前)
東京都八王子市南大沢2-3 ファブ南大沢2F(TEL 042-678-4161)
http://r.gnavi.co.jp/e515322/

■会費
社会人4000円 学生2000円

■ウェブサイト 
http://labs.m-mode.net/wakamono/

■申し込み方法
ウェブサイト下「ENTER お申し込みフォームはこちら」からお申し込みください

■参加資格
自称ワカモノ!であればOKです.
教育工学会がはじめてでお友達がいない、という方も,ご参加下さいませ。
きっと知り合いがぐんと増えますよ!

なお、ワカモノの大宴会は有志のボランティアに
よって運営されています。不手際などあるかと思い
ますが、ご理解いただければ幸いです。

●情報発信中!!
Mixi Learning of Tomorrow コミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2668705

(以下、敬称略/順不同)
■代表
瀬戸崎典夫(早稲田大)

■副代表
池尻良平(東京大)

■会計・総務・当日受付
大山牧子(京都大),遠海友紀(関西大学),荒優(東京工業大)

■会場・誘導
上西秀和(東京工業大),木村充(東京大),井ノ上憲司(熊本大),渡辺雄貴(首都大),松河秀哉(大阪大)

■Web管理
重田勝介(東京大),福山佑樹(早稲田大)

■広報
堀田龍也(玉川大) ,山本雅之(ジャストシステム),森田裕介(早稲田大),岩崎千晶(関西大学),藤原康宏(岩手県立大),山口悦司(神戸大),西森年寿(大阪大),今井亜湖(岐阜大),中原淳(東京大),村上正行(京都外大),望月俊男(専修大),根本淳子(熊本大),林敏浩(香川大),谷塚光典(信州大),亀井美穂子(椙山女学園大),尾澤重知(早稲田大),寺嶋浩介(長崎大),稲垣忠(東北学院大),光原弘幸(徳島大),松浦健二(徳島大),深見俊崇(島根大),小尻智子(関西大),八重樫文(立命館大),中澤明子(東京大),歌代崇史(北海学園大),林一雅(東京大),高木正則(岩手県立大),御園真史(島根大),藤本徹(東京大),椿本弥生(公立はこだて未来大),益川弘如(静岡大)

| | コメント (0)

福岡へ(8/26)

メルボルンは幸いほとんど時差がないため時差ボケもない。ただ体はやはりずいぶん疲れていたので少しのんびり寝る。原稿執筆,提出。出張処理などの事務仕事。
翌日のセミナーのため,福岡に向かおうと羽田空港へ。外は重い空だったので,雨に降られないうちにと思って羽田に急いだ。搭乗口から外を見ていると,雨が降り出し,本降りになり,雷雨になり,みるみるうちに暴風雨になって,なんと羽田空港からの一切の便が出発見合わせに。こんなことは初めてだった。結局,90分後にようやく搭乗,120分後にようやく離陸。
2時間遅れで福岡に到着し,もつ鍋。その後,明日の関係者と合流。

| | コメント (0)

メルボルン4日目(8/24)

212223
242526
272829最終日。早朝に起きて08:00にチェックアウト。みんなでMaxiタクシーで Apollo Parkways Primary School へ。ぼくはこの学校は2回目。前回は2004年だったので実に7年ぶりの訪問。かつての写真を見て実践を振り返り比較した。校舎だけでなく,カリキュラムや実践が洗練されていることを体感した。この学校も,国語(reading/writing)や算数の他の教科は integrated なカリキュラムになっていた。算数自体も,体験(算数的思考)重視だった。おもしろかった。
午前中の訪問が終わり,タクシーでメルボルン空港へ。院生も含めシンガポールまではみんな同じ便。シンガポールでそれぞれの便に分かれ(黒上さんたちはそのままICoMEのため韓国へ),ぼくは帰国。機内で「岳」を観る。
今回の成果は,現地の学校をじっくり見ることができたこと,周辺事情について思考力育成に詳しい黒上さんとたくさんディスカッションできたこと。院生の成長を感じたこと。関西大学の学部生のがんばりに感動したこと。ぼくも負けないようにがんばろうと思った。
現地でネット不調でなかなか連絡が取れずご迷惑をおかけした方,ごめんなさい。

| | コメント (0)

メルボルン3日目(8/23)

111213
141516少し疲れが出てきていることもあり,朝はのんびり過ごす。海外出張時にはそういう時間が体力的にも知力的にも重要だ。メルボルンの街中に行き,州立博物館へ。展示手法に感心する。買い物を済ませ,夜はステーキ屋でOZビーフでおなかいっぱい。ホテルに戻り,関西大学の学部生のみんなと合流。スカーター先生ともディスカッションができた。学生たちがよく育っていて,黒上さんの教育力にも感心した。お開き後,ぼくの部屋で深夜まで黒上さんと研究ディスカッション。

| | コメント (0)

メルボルン2日目(8/22)

123
456
789早朝に起きて08:00にホテルを出て元気に学校参観。黒上さんも初めて訪問する Caulfield Grammar School へ。Thinking Tools を多彩に活用し,全校を挙げて思考力育成に取り組んでいることがよくわかった。各教科の学習も integrated であり,総合的な学習の時間のような形で進んでいた。授業環境自体は英国とよく似ていたが,英国と違ってメルボルンには実物投影機の活用は見られなかった。
11:00前に黒上さんが別予定のため離脱。別予定というのは,関西大学の学部生14名を当地の学校で議事教育実習やホームステイをさせているというものすごい取り組み。そちらが本務で忙しい中,ぼくらの学校訪問につきあってくれたということになる。感謝。残ったメンバーでディスカッション,参観,校長先生らとの会食をこなす。終了後,タクシーでみんなで書店に行き教材等を購入,ホテルに帰還。夜はオイスターバーで院生たちも交えてワイン。ちょっと飲み過ぎ?

| | コメント (0)

メルボルン1日目(8/21)

日本教育情報学会のシンポジウムを終えて,堀口先生に新座駅まで送ってもらい,急いで帰宅。着替えて,荷物を入れ替えて,羽田空港へ。同行するメンバーと合流。ANAの夜行便で早朝にシンガポール・チャンギ空港到着。乗り換え4時間待ちの後,SQでメルボルンへ。フライトは長かったけど順調。機内で「SP野望篇」「大木家のたのしい旅行」を観る。現地時間の19:00を回ってメルボルン到着。Maxiタクシーでホテルへ。黒上さんと合流して食事,ホテルに戻って翌日以降の打合せをしながらVictoria Bitterで一献。

| | コメント (0)

日本教育情報学会全国大会シンポジウム(8/20)

1_22_23_2日本教育情報学会全国大会は十文字女子大学で行われた。ぼくの役割は,第1日目夕刻のシンポジウム『学校現場の情報化をどのように推進し支援するか』の コーディネータ。
お昼前に到着し,理事会に出席後,パネリスト打合せに参加。15:15からシンポジウム。広島市立藤の木小の堀校長には,フューチャースクールとしての実践の様子をもとに成果と課題を報告していただいた。 混乱期が過ぎ,特に低学年の児童が落ち着いてきた背景には,1人1台での基礎基本の定着のための教材が機能しているとの報告。野中先生は,スクールニューディール政策に代表される普通教室のICT整備の実態を克明に報告,地域間格差の課題を指摘してくれた。滋賀大教育学部附属中の河野研究主任には,研究開発学校としての情報活用能力育成に関する教育課程の報告をしてもらった。情報学をベースにした専門性がある教育内容と,むしろ各教科の学習の場で身に付けたり発揮させたりした方がよい教育内容との折り合いをどうつけていくかという課題が提示された。最後のディスカッションでは,ICT活用の普及の段階性,成功例の確認と普及が十分でない理由,今後私たちが取り組んでいかなければならないことなどが整理された。「課題山積」という形での閉幕となったが,シンポジウムは結論を出す場ではなく,今後の課題をたくさん提示できることが重要と考えてのコーディネートだったので,これはこれで成功だろう。

| | コメント (0)

玉川な1日(8/18)

猛暑。駅から研究室に行くだけでバテるぐらい。葛西さんと岸が来て学校課題研究の指導。中尾さん来研。その後,小林さん@三重県菰野町教委来研。9月と2月の訪問について打合せ。

| | コメント (0)

チエルマガジン取材(8/17)

チエルマガジン取材のため天王洲アイルへ。ライターの長井さんに取材を受ける。「教育の情報化ビジョン」の概要と,これからの教員研修の形について語る。ついでにチエルとの打合せ,JAET発表論文打合せなど。

| | コメント (0)

JAET全国大会パネル打合せ(8/17)

お昼前に岸田さん@丹波市教委学校教育部長と品川で待ち合わせ。行きつけの割烹で打合せとランチ。丹波市のみなさんのJAET全国大会に対する思いを聞き,パネルの進め方について相談をする。久しぶりに岸田さんとゆっくり話せてうれしかった。遠くまでありがとうございました。

| | コメント (0)

玉川な1日(8/16)

通勤ラッシュが少し戻ってきたような出勤時。自宅から送付した3箱の書籍が届く。中尾さん研究相談。投稿論文が(形式的には)ずいぶんそれっぽくなってきた。あとは,得られたデータから言えることだけを禁欲的に目的に設定し,淡々と論じるのみ。塩谷さん研究打合せ。久しぶりに図書館教育と情報教育の接点と,私たちがすべきことについて,周辺部も含めていろんな議論ができた。塩谷さんは図書館教育分野の諸動向を把握していてくれる。だからこそ次にすべきことを描きやすい。静岡大学大学院情報学研究科での社会人リフレッシュコース1期生の2人が同時に研究室に来てくれたことで,久しぶりにアカデミックな議論に浸ることができた。感謝。

| | コメント (0)

集中講義を終えて(8/15)

集中講義を終えて,ようやく夏休みが来た。といっても土日なのだが,それでもとにかく眠って,のんびりした。
院生たちが集中講義の感想を毎日交替で書き,玉川大学教職大学院のホームページに掲載となっている(1日目2日目3日目4日目5日目)。
少し休んだ分,秋学期に向けた諸々の調整を開始。某審査等で1日過ごす。

| | コメント (0)

教職大学院集中講義「コンピュータと教育」5日目(8/12)

1_22_23_2
456
集中講義5日目。最終課題に向けて,昨日夕方から各班でずいぶん準備した様子。朝から班ごとに内容の確認,修正すべきことを伝える。10:30から最終プレゼン。どの班も,それぞれの立場から見たいい発表になった。たいしたもんだ。
院生の花岡さんが教職大学院ホームページに報告。

| | コメント (0)

教職大学院集中講義「コンピュータと教育」4日目(8/11)

123集中講義4 日目。午前中は,最終課題準備のあと,研修パッケージをもとに,研修の大切さ,方法,課題などを押さえ,校内研修の具体的な苦労について。午後は,校務分掌におけるICT活用,教育の情報化の最新動向について解説。ご協力いただいたみなさんに感謝。
院生の橋本君が教職大学院ホームページに報告。

| | コメント (0)

教職大学院集中講義「コンピュータと教育」3日目(8/10)

123集中講義3日目。1日目は教科指導におけるICT活用,2日目は情報活用能力の育成を中心に進めてきた。3日目の今日は校務の情報化を押さえた上で,「教育の情報化」の全体像を確認,「教育の情報化に関する手引」の読解,「教員のICT活用指導力チェックリスト」など政策の動向を押さえた。午後は,学級経営,学校経営に関するICT活用の役割,効果,その活用目線について。いい議論ができた。ご協力いただいたみなさんに感謝。
院生の織田君が教職大学院ホームページに報告。

| | コメント (0)

教職大学院集中講義「コンピュータと教育」2日目(8/9)

21222309:00からの講義のために早めに出勤。通信教育部がお休みの日なので,校舎の解錠からになってたいへんだった。今日の講義会場は学園MMRC。学習環境について検討,その上での情報活用能力育成の授業,カリキュラムについて検討。キーボー島アドベンチャー。メディアとのつきあい方学習の模擬授業など。
院生の比留川さんが教職大学院ホームページに報告。

| | コメント (0)

教職大学院集中講義「コンピュータと教育」1日目(8/8)

111213昨年度に引き続き,今日から5日間の集中講義がスタート。初日なので自宅を6時前過ぎ出発,07:30に研究室到着。最終シラバス等の関連資料を印刷,物品準備。ゲストやもぐりの先生たちがやってきて机の準備等を手伝ってくれた。
午前中は09:00から,オリエンテーション,5日間のオーバービューの後,「わかる授業のためのICT活用講座」を視聴,実物投影機の接続,活用体験。午後はフラッシュ型教材作成体験とeTeachers。その後に実践報告,ディスカッション。
院生の相澤さんが教職大学院ホームページに報告。

| | コメント (0)

メディつき夏合宿2日目(8/7)

朝から宿舎へ。宿泊班はのんびりした様子。昨夜の実践を影山さんが整理してくれた。それをもとに授業づくりとディスカッション。ランチ後は,最近のメディア動向として,アメピグ事情を共有。

| | コメント (0)

メディつき夏合宿1日目(8/6)

夜に宿舎に到着して夕飯。その後,各自が準備したメディつき授業企画について発表,コメント。22:00過ぎに終了。

| | コメント (0)

第36回VHS(8/6)

123第36回VHSは,株式会社内田洋行新川オフィスにて行われた。会場をご提供いただいた同社のみなさんに感謝したい。
玉置さんによる学校紹介は,養護教諭目線からの発表。自分の日々の仕事を紹介しつつ,がんばっていることに触れ,小田急の会の宣伝までするというプレゼン。何度も練習しただけにいいプレゼンになった。石井さん@岡山の実践報告は,教材「広告小学校」を用いたCM制作の実践。子どもたちが楽しそうだった。ナベの研究報告では,ICTの基本的な操作スキルの習得や活用が教科書のどこにどう書かれているかの分析。貴重な研究だ。奥田の業務紹介は,校務支援システムのデモ。先生たちが興味深く見ている様子が印象的だった。
岸本さんの模擬授業は音楽。あっという間にみんなが歌い手になる。ICTが極めて有効に用いられていた。石井さん@青森の3年算数の模擬授業では,教科書をていねいに読み込んだ上で,追加のステップを加え,必要に応じてフラッシュ型教材で確認を入れながら次第にステップアップする習得の授業だった。國香さんの模擬授業は,4年算数の折れ線グラフの指導場面での言語活動の充実に向けた話し合い活動の指導。いわゆる活用型の学習活動だ。その授業づくりの見事さに感心した。どれも深い教材研究に支えられたものだった。
最後の恒例高橋トークは,ICT活用の原則について。その上での習得と活用,知識・理解と思考力等について。いい話だった。
終了後は暑気払いのワンコインパーティー。今回は出席率が低かったが,とても盛り上がった。これでVHSは今回で6周年。よく続いている。運営陣に感謝。

| | コメント (0)

チエル本社訪問(8/5)

C1C2C3チエル本社は,7月末に,大田区石川台から,品川区天王洲アイルに移転した。そのお祝いも兼ねて,新社屋におじゃました。川居社長に社内および周辺をご案内していただいた。とても綺麗なオフィス,快適な職場空間,新幹線や飛行機での出張に便利な立地,オフィス街のため食事等も便利など,すばらしい環境だった。

| | コメント (0)

IMETSで講演とWS(8/5)

Im1Im2Im3会場は港区立三田中学校。近いので歩いて出かける。上り坂で汗だくで到着。IMETSは,大田区の主幹教諭や港区の新採教員(?)が多く参加しており,それに全国の人が混ざった多様な参加者だった。
午前中は教育の情報化に関する政策の動向についての講演。60分。スクールニューディール政策,フューチャースクール推進事業,学びのイノベーション推進協議会等の動きや,教育の情報化に関する手引,教育の情報化ビジョンについて概説。
午後は120分のワークショップを1つ担当。情報テキストを活用した授業づくり・カリキュラムづくりの入口を検討する。みなさんのご協力でいいワークショップになったと思う。

| | コメント (0)

パナソニック教育財団成果報告会(8/4)

P1P2文部科学省の会議終了後,日暮里へ。パナソニック教育財団の成果報告会へ。少し遅刻となってしまった。ぼくの役割は特別研究指定校のグループに対する指導助言を赤堀先生,木原先生と一緒に担当すること。いずれもいい実践研究に向かっていて安心した。
ぼくが助言をしている練馬区立中村西小学校の先生方もがんばって発表したし,アピールタイムでは悪のりもしていた。

| | コメント (0)

学びのイノベーション推進協議会小中学校WG(8/4)

全日の「学びのイノベーション推進協議会」を受けて,小中学校WGが開催。小中学校WGは,東原教授@信州大を中心に,教育委員会の指導主事の方々や,各教科の元教科調査官等によって構成されている。ディスカッションはかなり具体的で,何よりフューチャースクールの現場の先生方の実践を知り,声を聞こうという話になった。もちろん,時間も予算も限られているけど,ぜひそのような方向で進むよう期待したい。

| | コメント (0)

スズキ教育ソフト打合せ(8/3)

東大和から品川へ。セミナーでの操作演習についての打合せ。

| | コメント (0)

東大和市校長会で講演(8/3)

文部科学省の会議終了後,急いで渋谷,高田馬場を経由して東大和市駅へ。小野指導主事にお迎えに来ていただく。「経営塾やまと」・「師範研修やまと」と称して,管理職とミドルリーダーの1日研修の後半を担当。会場に入り,接続確認。なんと午前中は,大学時代の同級生の白旗教科調査官@文部科学省が講演したとのこと。しかも同市の指導室長はかつてぼくが研究指導に入っていた三鷹一小にいた今城先生でかなり驚いた。
管理職とミドルリーダーの人たちを相手に,教育の情報化,とりわけICT活用がなぜ今しきりに強調されるのかについて説明。同市の普通教室のICT環境整備についてもコメントした。昨日の講演環境に比べると,ターゲットがはっきりしている分,よいやりとりになった。

| | コメント (0)

学びのイノベーション推進協議会(文部科学省)(8/3)

M参与を退任したこともあり,文部科学省は久しぶり。旧庁舎の6階での会議の前に,新参事官にご挨拶に伺う。「学びのイノベーション推進協議会」は,総務省のフューチャースクール推進事業と連携しつつ,「教育の情報化ビジョン」で提出されたさまざな内容について検討を進めるプロジェクト。安西座長@慶應義塾大の司会のもと,各自の意見を披露するという形で第1回目は終了。傍聴者も多かった。鈴木副大臣も登場

| | コメント (0)

NHK新番組企画会議(8/2)

新番組の企画会議のためNHKへ。池田先生@京都橘大,宗我部先生@お茶大附属中も交えて,楽しいディスカッションができた。

| | コメント (0)

東京都教職員研修センターで講演(8/2)

朝早くから水道橋の東京都教職員研修センターへ。たくさんの研修が同時に行われるので,水道橋駅界隈はたくさんの教員で溢れていた。08:30に会場入り,09:00から担当している講演。小学校約100名,中学校約100名,高等学校約60名,特別支援書学校約60名,合計約320名を対象にICT活用に関する講演。いろんな校種の人がいるし,初心者も情報通もいるので,ターゲットが絞りにくかった。かつての後輩が同センターの指導主事をしていたり,15年前に助言していた学校の先生が指導主事をしていたりと,昔懐かしい先生たちに会えてうれしかった。

| | コメント (0)

石垣島から帰京(8/1)

123
朝はのんびりして,おいしい八重山そばを食べて,空港で沖縄ぜんざいを食べて,無事に帰京。

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(8/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの8年目,2011年8月1日付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,216校
登録児童数 162,002人

1年 6,042
2年 6,981人
3年 28,209人
4年 39,874人
5年 38,993人
6年 39,114人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は14,363人,学校数は4,992校。平成22年度学校基本調査によれば,全国の小学校は22,000校。これまでに登録した学校は,その22.7%を占めることになる。
昨年度の同時期の登録児童数158,992人を超えている。昨年度はそれまでと比較して飛躍的に利用者が増えた年だったから,それよりさらに伸びたことになる。今年度から完全実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の完全実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »