« 日本図書教材協会で講演(10/7) | トップページ | 指導者用デジタル教科書の活用研究会議(10/10) »

第37回VHS(10/8)

123第37回VHSは,秋葉原UDXの会議室をお借りして行われた。会場の手配は,昨年度のうちに株式会社スズキ教育ソフトにお願いした。会場をご提供いただいた同社のみなさんに感謝したい。ただ,偶然にも,別セミナーが同日同場所で行われているということで,バッティングする形になってしまい,申し訳なかった。
金校長による学校紹介は,耐震不適切という評価を受けてしまったために,体育館で学校生活を送っている状況について,写真を中心にしたプレゼンテーションだった。みんな衝撃を受けた。宮崎君は,スリランカ訪問の報告。富山県の漁法がJICAを通じて国際協力となっていることについての教材研究を報告した。曾我さんの研究紹介では,練馬区立中村西小の研究の歩みについて。学校全体で研究を進める苦労が共有された。鈴木さん@スズキ教育ソフトによるプレゼンは,スズキ校務のことのほか,インストラクターという職種の専門性について。教師の仕事との接近について考えるきっかけになった。
大澤さんの模擬授業は,敬語の学習。敬語に触れ,変換をさせ,場面を限定して活用させる授業だった。菅野さんの説明文の読解の模擬授業では,教科書の本文と示されたグラフを対応づけることの指導の難しさがわかった。小暮さんの理科・台風の動きの授業は,映像をうまく活用した授業で,議論は動きを考えさせるべきか,それともしっかり教えるべきかという点になった。
最後の恒例高橋トークは,思考力と知識のことについて。「能力=資質×勉強」。詳しくは書かないけど,いい話でみんなに響いた。
終了後は,受賞祝いの会を企画してくれた。VHSの冒頭にも,堀田研や高橋研の現役・卒業生からお祝いをしてもらった。みんなありがとう。

|

« 日本図書教材協会で講演(10/7) | トップページ | 指導者用デジタル教科書の活用研究会議(10/10) »

「実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本図書教材協会で講演(10/7) | トップページ | 指導者用デジタル教科書の活用研究会議(10/10) »