« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

川崎市立平小公開研(12/12)

川崎市立平小学校は,平成24・25年度「パナソニック教育財団 第38回 実践研究助成 特別研究指定校であり,野中先生@横浜国大が指導している学校。その1年目の中間報告会が,12月12日(水)に行われる。
詳細と申込はこちら

| | コメント (0)

「ネットモラルけんてい」全国同時取り組み月間

児童生徒に,ネットモラルに興味を持ってもらうために開発された「ネットモラルけんてい」。11月を,全国で同時に取り組む月間に指定し呼びかけてきた。「ネットモラルけんてい」問題集が無料贈呈されるのは本日まで。まだの先生方はぜひここから。

| | コメント (0)

Wutanに掲載

学校教材の活用について研究している縁で,フリーマガジン「Wutan」に座談会の様子が掲載

| | コメント (0)

玉川な1日(11/29)

いつもの電車で出勤。爆睡。朝一で学生対応。村上@チエル来研。日程調整。予算調整。教授会。

| | コメント (0)

群馬県情報部会西毛地区大会(11/28)

123朝の新幹線で本庄早稲田へ。藤岡市教委の齋藤課長にお迎えに来ていただく。まずは藤岡市教委を訪問し針谷教育長にご挨拶。その後,藤岡市立南中へ。落ち着いた学校での数学の授業を参観。前半だけで車で移動。美九里東小で3つの授業の後半を参観。全体会の後,講演。県の情報教育部会ということで,先進性だけでなく普及や継続を考えて欲しいという話をする。
終了後は高崎に移動して,仲間と楽しく一献。新幹線で帰京。

| | コメント (0)

玉川:情報メディアの活用(11/27)

「学校図書館のあるべき姿」というテーマ。学校図書館法,司書教育の位置付け,予算措置,人的配置,学力への影響などの調べ学習。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/27)

快晴。めずらしく来客も少ない日。査読対応。予算確認。授業準備。文部科学省対応。JAET対応。やることはたくさんで終わらず。講義。院生指導。夕方から小田急の会。

| | コメント (0)

聖心:教育課程方法論(11/26)

今日のテーマは「教えて考えさせる授業」。東大の市川先生の提唱する理論を説明,それを具体的に行った授業ビデオを視聴,意見交換,まとめの講義。

| | コメント (0)

教育出版打合せ(11/26)

教育出版と社会科の指導者用デジタル教科書についての打合せ。今後の見通しについて相談。
雨の明治記念館はとても綺麗だった。

| | コメント (0)

校務情報化支援検討会打合せ(11/25)

校務情報化支援検討会による調査研究の現状把握,論文投稿の最終判断の打合せ,今後の研究発表の計画など。

| | コメント (0)

フラッシュ型教材活用セミナー in 米沢(11/24)

123フラッシュ型教材活用セミナー in 米沢。今回が36回目のセミナー。朝からリハーサルでチェック。指摘事項はほとんどなし。
会場の「伝国の杜」はすばらしい施設。今回は参加が74名。ほとんどが地元の先生方だった。もちろん,模擬授業も教材作成ワークショップも大盛上がりだった。講師陣もノリノリだった。
今回は前夜のうちに全スタッフが米沢入り。みんなで米沢牛を楽しんだ。その分,終了後は,急ぎ米沢駅へ。速攻で買い物をして新幹線。

| | コメント (0)

ベネッセ「VIEW21」に記事掲載

ベネッセが全国の管理職に配布している「VIEW21」の小学校版は「授業が活きるICT」という特集テーマ。ぼくの「展望」のインタビュー記事(pdf)はこちら。

| | コメント (0)

松阪市立殿町校区公開研(11/22)

123春日井から名古屋経由で近鉄に乗り松阪駅へ。森先生がお迎えに来てくれる。今日は松阪市のうち殿町中学校と,その校区の3つの小学校による,小中連携の2年間の研究成果の公開の日。まずは松阪市立第一小へ。5年生と6年生の算数の授業を参観。鍛え上げられた子どもたちに舌を巻く。前時の復習,本時の目標,解決の見通し,既習事項の活用,言語活動の充実など,今年度見た算数の授業でもっとも完成形に近いと思った。ぼくが指導した学校ではないけど(涙)。
午後は松阪市立殿町中へ。3学年3教科5学級を参観。数学のベテラン教員の授業が特にすばらしかった。
その後,全体会の会場であるコミュニティセンターに移動,全体会の後に講演。小中連携を学力保障と人権保障の観点から語った。夕方から,4名の校長先生,森先生,FS三雲中の楠本先生と一緒に松阪牛の名店へ。おいしかった。名鉄,新幹線と乗り継いで帰京。

| | コメント (0)

春日井市立出川小公開研(11/21)

123
456
879朝から新幹線で名古屋,いつものように春日井へ。水谷指導主事にお迎えに来てもらい,春日井市立出川小へ。公開研にとって天気は大切だが,この日は快晴。天気が良すぎて教室がいつもよりさらに明るく,プロジェクタには少し不利か。午前中は各教室を巡回,来賓に挨拶,昼食。全体会のあと,公開授業25学級。お役立ちコーナー展示の後,全体会。市長あいさつ,教育長挨拶,いずれも本校の研究内容を的確に把握している様子がよくわかった。研究発表は,研究をがんばったベテラン女性教員が代わる代わる登場。この地区では珍しい形。県教委の指導助言。これもまたジャストミート。講演のハードルが上がった。
講演はいつものように,これまで本校に関わってきたぼくが,彼らの歩みを語り,価値づけるように話した。60分ピッタリで終わった。終了後は楽しい懇親会。2次会までつきあう。
本校の発表について,参観にみえていた玉置先生のコメントはこちら。教育コンサルタントの大西さんのコメントはこちら。いずれも読みの深さが感じられるさすがのコメント。少し褒めてもらえている(多分)のは率直に嬉しい。
朝日新聞の記事はこちら。読売新聞はこちら。学校でICT活用をするのは「ハイテク」志向だと決めつけるキャッチコピーが,結果的にICT活用の普及を阻んでいるのになと思うと,タイトルが残念。もっとも本文にはハイテクのにおいはしないから,タイトルだけそうしていることがわかるし,教育=ハイテクにするとキャッチーになるということ自体,ICT活用はまだまだ普及していないし誤解されていることがわかるけど。

| | コメント (0)

玉川:情報メディアの活用(11/20)

「情報について教える」というテーマ。反転授業のため,最初にBbで視聴した映像の感想を問う。見終わっていない学生が2名いたのが残念。当然ながら意見も浅い。逆に,授業の方法に慣れている学生は,とても深く視聴している。意見交換をもとに板書して整理。来週につなげる。

| | コメント (0)

玉川学園K-12プロジェクト会議(11/20)

低学年校舎にてK-12プロジェクト会議。「学びの技」のような学び方カリキュラムについて校種別に検討。今回で一段落。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/20)

T千鳥小から大学へ。講義。書類の山と格闘。会議へ。そして時間切れ。

| | コメント (0)

教育実習指導で大田区立千鳥小へ(11/20)

H池上線で千鳥町駅。竹田先生と合流して大田区立千鳥小。玉川大学教職大学院からこの学校にお世話になっている2名の教育実習生と面会。この日は5年生の算数の授業。もう1人の実習生,竹田先生とぼくの4人でその後に協議会。授業の基本と,この単元の教材研究について語った。あと10日ほどで終了する教育実習。がんばれ!

| | コメント (0)

聖心:教育課程方法論(11/19)

今日のテーマは「新学習指導要領の特長」。「新」といっても,すでに現行であることを押さえた上で,学校長や教員の意識調査の結果をもとに,これまでの学習指導要領,とりわけ直前との変化について,1つ1つ解説。

| | コメント (0)

JSET編集委員会(11/17)

聖心女子大へ。編集委員会は課題はいくつかあるものの,清水編集長の司会で淡々と進む。特に問題も起こらずお開きに。

| | コメント (0)

新見市立哲西中公開研(11/16)

123朝の飛行機で岡山へ。UTプロジェクトのメンバーと合流,レンタカーで新見市へ。結構な距離。山間にある単級の小さな中学校に到着。フューチャースクールとしての公開研で100名以上が参観に。ぼくは来賓挨拶を担当。ほかは特に仕事がないので,じっくり授業を参観する。
iPadを全生徒が持っている。教科等の決定的なコンテンツが少ないため,活用されていたデジタル教材はゲーム風のドリル等。それより目を引いたのは,授業のプラットフォームとしてdropboxが確実に機能していたこと。単純な画面共有,ファイル共有なのだけど,それがいつでもできることの学習上のメリットは十分に感じられた。児童生徒の学習状況,学習途上の成果の共有・可視化については,これまでの授業でも長く議論され工夫されてきたところ。学習活動として協働するシーンはあったが,これは別にiPadがあったからというわけでもない。すなわち本校の優れている点は,通常の授業をさらによくするために,iPadとクラウド環境も含めたICT環境を活用している点にある。先生方はそもそもベテラン勢揃いで,積極的ながらも無理のない活用が印象的だった。新見市の中田教育長ほか,関係者ともいろいろ情報交換ができた。
帰りは岡山空港でラーメン。片山さんと会って帰京。

| | コメント (0)

教職大学院:教育課程編成の研究と実践(11/15)

校長目線での週時程表の作成の課題を持ち寄り,まずは3名グループで情報交換,論点の整理。その後,論点の共有。グループ編成替え後,それぞれの立場ごとにアクションを検討。全員発表。

| | コメント (0)

東京都教職大学院連携協議会視察(11/15)

1_2東京都教職大学院連携協議会による視察のため,東京都教育委員会ほか近隣教職大学院の先生方など11名が視察にみえた。ぼくの講義を視察。協議会で自評。理論と実践の往還について良い印象のご意見をいただき安堵。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/15)

いつもの時刻に出勤。途中,山手線で八木澤君と遭遇。午前中は授業資料準備。午後は視察対応。夕方からお祝い会。

| | コメント (0)

文部科学省打合せ(11/14)

20時過ぎに文部科学省へ。学びのイノベーション小中学校WG指導方法モデル化WTの方向性確認の打合せ。

| | コメント (0)

練馬区立中村西小校内研(11/14)

124
356朝一で学研打合せ。その後,みんなでいつもの場所に集合し,中村西小へ。3校時に4本,4校時に3本,5校時に3本の授業を参観。校内研+練馬区ICT活用研修+北海道教委視察+米沢や徳島からの参観+企業による参観という会。対象がさまざまで助言は難しかったけど,まぁいつも通りに行う。終了後はいつもの会場で打ち上げ。盛り上がる。だけど中座。

| | コメント (0)

学校教育の情報化指導者養成研修(11/13)

AKY秋葉原からTXでつくば。独立行政法人教員研修センターへ。
今年度1回目の学校教育の情報化指導者養成研修。今日から4日間。午前中は永井視学官が国の政策の動向を解説。午後はぼくが「国内外の教育の情報化の動向」について解説。初日なのでまだ堅かったけど,各自治体から推薦されてきた優秀な先生方なので,概ね真剣に聞いていただいた。

| | コメント (0)

内田洋行研究打合せ(11/13)

ぼくが日程調整がなかなかできないので,8時から秋葉原に来てもらって打合せ。スイマセン。

| | コメント (0)

横浜国大でゲスト講義(11/12)

横浜国大では,社団法人私的録画補償金管理協会(SARVH)による「教員養成課程における著作権教育のための寄付講座」を受け入れており,後期には「教育とメディアII」が行われている。例年,その講座のうちの1回で講義することになっていた。受講生は170名ほどとのこと。すでに野中先生,高橋,玉置さんなどが講義済み。ぼくの担当は情報教育。情報教育の現状,良い指導の事例,情報テキストの紹介という段取りで講義を進めた。学生たちは真剣に聞いてくれた。
終了後は,野中先生戸2人でみなとみらいで打ち上げ。

| | コメント (0)

ベネッセ打合せ(11/12)

定例の研究打合せ。今回は拡大メンバーのため,多摩センターまで出向く。新井さんはじめ関係者を交えての打合せ。社食。

| | コメント (0)

学校教材活用指導法研究会(11/11)

第8回の学校教材活用指導法研究会。レポートにさまざまなコメントが入る。セミナー企画。リーフレット企画。お弁当。

| | コメント (0)

「学びの技」公開研究会(11/11)

T1T2T3
「学びの技」についての研究発表会。午前中は,実際に中3の生徒たちの「学びの技」の学習成果を見学,その後,MMRC(マルチメディアリソースセンター)見学。午後は,公開研として,学び方指導の解説のほか,その育成を支える学習環境であるMMRCや,最近話題のIB(国際バカロレア)などとの関係を報告。ぼくはパネルディスカッションのコーディネータを担当した。100名ほどの参加。いい研究会になった。
終了後はスタッフ打ち上げ。楽しい時間だった。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/10)

123玉川大学の学園祭である「コスモス祭」。学生たちは明るく張り切っており,とても楽しそうだった。「学びの技」公開研前にしか教職大学院のブースに寄れないので,朝一で顔を出す。八木澤君しかいなかったけど,展示を見ることができた。学内は賑やか。模擬店なども盛り上がっていた。こういうことに一生懸命になれるってのは,いいことだな。玉川大学の学生は帰属意識が高いんだと思った。

| | コメント (0)

青森県情報視聴覚教育八戸大会(11/9)

818283八戸駅に到着してさっそく八戸ラーメン。その後,お迎えに来ていただいて,青森県情報視聴覚教育八戸大会の会場校へ。4つの公開授業を参観。協議会を見て回る。いずれも実に良い授業。この地区の研究推進メンバーが勉強していることがよくわかる。90分の授業講評および講演。
H1H2終了後,石井先生に八戸駅まで送ってもらい,海鮮丼をいただく。新幹線で一路東京へ。東北はやっぱり寒かった。

| | コメント (0)

米沢市立第四/第二中訪問(11/8)

41_2朝の山形新幹線で米沢へ。あいにくの雨。
最初は米沢市立第四中学校を訪問。耐震基準を下回った校舎新築のため,生徒達はプレハブ校舎にいる。こうなってみて初めてわかる,学校として建てられた建物のさまざまなすばらしさ,建築基準の意味を感じる。そんな議論。校内を見せてもらい,生徒が落ち着いて学習していることを感じる。
212223その後,米沢市立第二中学校を訪問。校長先生はあいにく不在。中3の国語「おくのほそ道」の授業を参観。鍛えられた生徒を相手にした,刺激が多くスピード感がある授業。すばらしかった。
1そしてさすが米沢牛は完璧においしかった。気持ちよい1日を過ごすことができた。気持ちはのんびりしたけど,冷たい雨で体調はちょっと下降気味。

| | コメント (0)

教育同人社と打合せ(11/7)

次回の学校教材活用指導法研究会のアジェンダについての打合せ。

| | コメント (0)

広島市学校CIO研修(11/7)

123前夜のうちに広島入り。広教の方々においしい牡蠣料理をご紹介いただく。
4翌朝,ホテルに市教委岡谷課長がお迎えに来てくださり,広島市教育委員会へ。教育長室で尾形教育長と久しぶりの再会。講義室で200名超の市内校長・園長先生方に対する学校CIO研修が行われ,昨年度に引き続きそこで講演。近頃は管理職向けの講演会が多いが,広島市は総務課と指導課,教育センターが上手に連携しており,すばらしいと思う。
終了後は広島空港でつけ麺。打合せを済ませて帰京。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/6)

いつもの時間に出勤。学校課題研究指導。内田洋行来研。講義準備。弁当。講義。羽田空港へ。

| | コメント (0)

聖心:教育課程方法論(11/5)

今日のテーマは「学習指導要領の変遷」。国による教育課程の基準が,経済状況等の時代背景に影響を受けながら,その時点での最善を求めて編成されてきたことを解説。

| | コメント (0)

国研打合せ(11/5)

1別件打合せを朝一でやった後に,文部科学省へ。新井参事官にJAET講演の御礼の挨拶。関係者といくつかの相談。その後,国研へ。今後の方針,会議の進め方などについて打合せ。

| | コメント (0)

JAETでの発表論文(11/3)

JAET全国大会である全日本教育工学研究協議会で発表された関連論文は以下の通り。

高橋純, 吉川奈々, 堀田龍也, 田野勝之, 加野島行宏
小学校社会科教科書紙面の拡大提示に関する調査
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, A4

金隆子, 高橋純, 堀田龍也
手本を分析的に見る学習活動を取り入れた書写指導法の実践
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, A6

土井国春, 高橋純, 堀田龍也
学習者用デジタル教科書を活用した第4学年算数「折れ線グラフ」の授業実践
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, A7

藤本義博, 堀田龍也, 平松茂
「事例で学ぶNetモラル」の「ネットモラルけんてい」を活用した教員研修
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, D2

村上守, 加藤栄政, 高橋純, 堀田龍也
フラッシュ型教材の活用促進のためのWebサイトeTeachersにおけるユーザー利用状況の分析
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, F1

宮田明子, 山本朋弘, 伊藤三佐子, 片山淳一, 鈴木広則, 堀田龍也
校務支援システムの運用による校務改善に関する事例調査
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, G3

宮﨑靖, 高橋純, 堀田龍也
教員の資質向上を図るための継続的なミニ校内研修の効果
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, G5

片山淳一, 高橋純, 堀田龍也
管理職向け教育の情報化推進リーフレットの開発
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, H2

高橋伸明, 影山知美, 吉野和美, 笠原晶子, 宮脇康一, 渡辺純恵, 西田光昭, 松橋尚子, 土屋亜矢子, 宇田智津, 此川美奈代, 圓子靖子, 石井聡, 岸本厚子, 天野三鶴, 堀田龍也
非常時におけるメディア活用に備えた指導事例集開発のための授業実践
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, I4

渡邉光浩, 高橋純, 堀田龍也
小学校段階におけるICTの基本的な操作に関する指導計画の比較分析
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, K2

石塚丈晴, 兼宗進, 堀田龍也
小学校高学年から高校生までを対象とした情報科学と情報活用に 興味を持たせるためのビーバーコンテスト
全日本教育工学研究協議会第38回大会論文集, CD-ROM, K7

| | コメント (0)

キーボー島利用状況(11/1付)

Kbキーボー島アドベンチャーの9年目,2012年10月末付の状況についてスズキ教育ソフトから連絡があった。

登録学校数 1,326校
登録児童数 181,508人

1年 6,264人
2年 7,385人
3年 37,795人
4年 42,974人
5年 42,557人
6年 40,072人

キーボー島がオープンしてから本日までに登録した教師数は通算15,838人,学校数は5,475校。平成24年度学校基本調査(速報値)によれば,全国の小学校は21,460校。これまでに登録した学校は,その25.5%を占めることになる。
2011年度から全面実施となった小学校学習指導要領の総則には,「コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け」とある。小学校でのキーボード入力学習が必須となり,そのスキルを前提とした学習活動が小学校高学年や中学校の各教科の記載にいくつもあるという学習指導要領の全面実施を受け,すでに多くの学校でキーボー島アドベンチャーをご活用いただいている。
ご活用いただいているみなさんに感謝すると同時に,ぜひ今後も1校でも多くの学校で活用していただきたいと願う。

| | コメント (0)

全日本教育工学研究協議会2日目(11/3)

123金沢星陵大学へ。朝から分科会。全体を見て回る。人の入りもよい。企業展示も盛り上がっていた。会議室で事務局打合せ。お昼は第2回理事会・評議員会。司会進行および挨拶。またも緊張する。議案はいずれも順調に進んだ。午後は課題別協議会。面白い試みだと思った。どこの会場も盛り上がっていた。最後の全体会は,シンポジウム2のあと閉会行事。

| | コメント (0)

全日本教育工学研究協議会1日目(11/2)

J1J2日本教育工学協会(JAET)が運営母体の全日本教育工学研究協議会の第38回全国大会は,金沢市で行われた。ぼくがJAETの会長になっての最初の全国大会となった。
朝は公開校の1つ目として金沢市立小坂小へ。細川教頭にご挨拶。文部科学省の新井参事官もお見えになり簡単に説明。あとはお任せして公開校の2つめとして金沢市立北鳴中へ。英語と音楽の授業を参観する。
その後,メイン会場の金沢星陵大学へ。村井実行委員長にご挨拶。木原副会長も交えて新井参事官と話す。その後全体会。主催者側の会長としての挨拶。準備はしていったものの,緊張してしまい,良い挨拶はできなかった。その後,新井参事官による基調講演,吉崎先生,南部先生,木原先生,村井先生によるシンポジウム1へと進んだ。終了後は,場所を金沢駅前に変え,情報交換会。200名以上が参加したいへん盛り上がった。ここでも会長挨拶,表彰役。全部終わってから,VHSメンバーの懇親会に合流。みんなが応援してくれている。

| | コメント (0)

教職大学院:教育課程編成の研究と実践(11/1)

Shio今回は関西大学初等部の塩谷先生によるゲストトーク。同校は学び方の学習の一環として思考スキルの育成のためのミューズ学習を行っており,これを中核に教育課程がどのように編成されているかについて紹介をいただく。現職院生たちには,私学に学ぶということにもなり,良い刺激となった。
終了後,本日2回目の羽田空港へ。金沢への最終便に搭乗。悪天候でものすごい揺れ。バスで金沢駅へ。暴風の中,ホテルにチェックイン。ホントは,JAPET企業前夜祭があったのだが,本務の関係で参加できず,申し訳ない。

| | コメント (0)

玉川な1日(11/1)

ホテルを朝の6時前に出て歩いて札幌駅へ。快速エアポートの始発に乗って新千歳空港。ANAで帰京。乗り継いで玉川へ。塩谷さん来研。講義下打合せ。iPad設定。金沢出張のため羽田空港へ。

| | コメント (0)

北海道教育委員会で講演(10/31)

北海道教育委員会が主催の教育課程説明会で,文部科学省の担当者,道教委義務教育課長の後に,ぼくが講演。ICT活用を窓口に,学力をつける授業づくり,学校づくりについて。120分の情報提供の講義,その後に質疑を受け,20分でまとめの講義。200名を超える各支庁の教育長,教育委員会指導主事,校長はじめ先生方は,たいへん熱心に聞いてくれ,こちらも張り切って話をした。
終了後は,北海道教育大学のサテライトで,村山先生と談話。その後,お祝い会に出席。

| | コメント (0)

札幌市立山の手南小訪問(10/31)

Y1Y2Y3
Y4Y5Y6久しぶりに札幌市立山の手南小を訪問。依頼されてのたった2時間の訪問だったが,同校がたいへん安定感のある学校であることを久しぶりに訪問して再確認した。卓越した学校経営は,教員のチーム力を生み,それが学校力となる。そんなことを感じた午前中。

| | コメント (2)

学びのイノベーション事業小中学校WG指導方法の検討作業部会(10/30)

文部科学省へ。東原先生はじめ委員のみなさん,事務局と一緒に,これまで議論してきた作業結果の点検,検討。事務局が難しく煩雑な作業を1つ1つていねいにご対応いただいていることにありがたく思う。
終了後,羽田に向かい,札幌に前夜入り。

| | コメント (0)

チエル研究打合せ(10/30)

千鳥町でチエルと研究打合せ。スピード感がある。

| | コメント (0)

教育実習指導で大田区立千鳥小へ(10/30)

Hana蒲田から池上線で千鳥町駅。竹田先生と合流して大田区立千鳥小へ。玉川大学教職大学院からこの学校に2名の教育実習生がお世話になっている。教職大学院の教育実習だから,教育職員免許状を取得するためのものではなく,すでに免許状を持っている大学院生が,学校現場で役立つ実践力,即戦力を備えるための教育実習となっている。
この日は2年生の生活科の授業。もう1人の実習生,竹田先生とぼくの4人でその後に協議会。実習生が学校からたくさんの良い指導をいただいていることを実感。校長先生,副校長先生,担任の先生にご挨拶して退校。

| | コメント (0)

内田洋行研究打合せ(10/30)

ぼくが日程調整がなかなかできないので,7時台から品川に来てもらって打合せ。スイマセン。

| | コメント (0)

日本図書教材協会を訪問(10/29)

1聖心の講義を終えて,広尾から神楽坂へ。日本図書教材協会の事務局を訪問。その後,英国デジタル教材視察の事務局のみなさんと反省会。

| | コメント (0)

聖心:教育課程方法論(10/29)

前回の学習内容の確認,感想メールの紹介。みんな考察が深くなってきた。今日のテーマは「校務分掌」。3つの学校の校務分掌表の分析から,学校での教員の仕事,チームとしての役割分担などの舞台裏を読み取る。

| | コメント (0)

スズキ教育ソフト打合せ(10/29)

朝からスズキ教育ソフト本社へ。校務情報化支援検討会の今後の取り組み等について打合せ。塩ラーメン食べて新幹線。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »