« 教職大学院:教育課程編成の研究と実践(11/15) | トップページ | JSET編集委員会(11/17) »

新見市立哲西中公開研(11/16)

123朝の飛行機で岡山へ。UTプロジェクトのメンバーと合流,レンタカーで新見市へ。結構な距離。山間にある単級の小さな中学校に到着。フューチャースクールとしての公開研で100名以上が参観に。ぼくは来賓挨拶を担当。ほかは特に仕事がないので,じっくり授業を参観する。
iPadを全生徒が持っている。教科等の決定的なコンテンツが少ないため,活用されていたデジタル教材はゲーム風のドリル等。それより目を引いたのは,授業のプラットフォームとしてdropboxが確実に機能していたこと。単純な画面共有,ファイル共有なのだけど,それがいつでもできることの学習上のメリットは十分に感じられた。児童生徒の学習状況,学習途上の成果の共有・可視化については,これまでの授業でも長く議論され工夫されてきたところ。学習活動として協働するシーンはあったが,これは別にiPadがあったからというわけでもない。すなわち本校の優れている点は,通常の授業をさらによくするために,iPadとクラウド環境も含めたICT環境を活用している点にある。先生方はそもそもベテラン勢揃いで,積極的ながらも無理のない活用が印象的だった。新見市の中田教育長ほか,関係者ともいろいろ情報交換ができた。
帰りは岡山空港でラーメン。片山さんと会って帰京。

|

« 教職大学院:教育課程編成の研究と実践(11/15) | トップページ | JSET編集委員会(11/17) »

「実践」カテゴリの記事

「政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教職大学院:教育課程編成の研究と実践(11/15) | トップページ | JSET編集委員会(11/17) »