« 2012年の自己評価その5(講義・海外出張編) | トップページ | 謹賀新年2013 »

2012年の自己評価その6(社会貢献・サービス編)

10)社会貢献
2011年に引き続き,文部科学省「学びのイノベーション事業」推進委員を拝命し「小中学校WG」および「指導方法WT」に所属した。フューチャースクールへの総務省予算が停止する状況の中,精一杯頑張っている学校を外部からどう支援できるかを真剣に考える。この関係で,広島・藤の木小,徳島・足代小などで講演,岡山・哲西中で挨拶,佐賀・西与賀小と三重・三雲中を視察した。2012年からは,文部科学省「情報活用能力調査に関する協力者会議」委員も拝命し,次世代学習指導要領における情報教育カリキュラムへの政策検討がスタートした。また,2010年から引き続き,文部科学省の研究開発学校審査委員を拝命し,審査および助言にあたった。国立教育政策研究所「教育情報共有ポータルサイト検討委員会」の主査を務めた。
民主党「教育の情報化推進に関するWT」に呼ばれて説明をした。パナソニック教育財団の専門委員をした。
日本教育工学協会(JAET)は,2011年までは副会長だったが,2012年3月に会長に選任されてしまった。若輩者だけにさまざまに気を遣うが,事務局がしっかりしてくれているので,今のところ安心して動くことができる。
日本教育工学会は,理事として満期8年が経過し再選されないため評議員となっている時期だった。理事会等に出なくてよいだけで,ずいぶんと楽だった。編集委員会の業務とショートレター編集委員会の仕事はあったけど。
番組企画委員となったNHK教育「メディアのめ」は,新規番組の開発にいろいろな意見をした。同じく番組企画委員をしている「伝える極意」では,出演しているアンケートの回が再放送された。
日本教育新聞,教育家庭新聞,ほか地方紙に取材され記事掲載された。
VHSは順調。すでに44回になった。2013年もしっかり継続していこう。

11)セミナー
JAPET主催による「フラッシュ型教材活用セミナー」を6カ所で,「校務の情報化推進セミナー」を2カ所で行った。
メディアとのつきあい方学習実践研究会による学習会の最終回を東京で実施した。「愛される学校づくりフォーラム」では,野口先生,有田先生ほかの授業名人を相手にパネルディスカッションの進行を務めた。その他,内田洋行によるNew Education Expo東京,同大阪などに登壇した。

12)講演等
独立行政法人教員研修センターの業務では,中堅教員の中央研修,事務職員の中央研修,学校教育の情報化指導者養成研修での講演,海外派遣教員の事後研修などを担当した。その他,東京都墨田区等の管理職研修で講演した。北海道教育委員会の新任指導主事研修を担当した。広島市,三重県菰野町には継続的に指導助言をした。ほか,単発での講演は数が多いので割愛。

13)学校現場の指導助言
玉川学園低学年の研究発表会,同高学年の研究発表会で,講演やパネルディスカッションの進行を担当した。
2010年から指導助言をしている練馬区立中村西小学校は,研究指定を外れてもしっかりと実践を続けているので継続的に関わってきた。2011年から指導助言をしている春日井市立出川小学校は,研究指定2年目となって公開研を行った。とてもよい発表会となった。2012年からはパナソニック教育財団の特別研究助成校の京都市立一橋小学校の指導助言を担当している。2013年は公開研に向かって良い研究となるよう助言していきたい。同じくパナソニック教育財団の特別研究助成校の川崎市立平小学校でも講演を担当した。
フューチャースクール指定校の広島・藤の木小学校,徳島・足代小学校の公開研で講演をした。
関西大学初等部の指導助言に関わった。思考スキル育成の研究も2年目で,いよいよ佳境に入ってきた印象。

|

« 2012年の自己評価その5(講義・海外出張編) | トップページ | 謹賀新年2013 »

「実践」カテゴリの記事

「政策」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年の自己評価その5(講義・海外出張編) | トップページ | 謹賀新年2013 »